キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)の就職先と活躍の場

働く場、働き方はさまざま

キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)の活動場所は年々広がっています。

以下に挙げたのは、キャリアカウンセラーが活躍する代表的な場所ですが、たとえば「相談員」といったように、必ずしも「キャリアカウンセラー」という肩書きをつけていない場合もあります。

また正社員採用でなく、臨時職員やパートタイマーといった非常勤の形で働いている人もおり、その場合は複数の職場を掛け持ちしているケースが多いようです。

教育機関

・中学校
・高校
・大学、大学院
・専門学校

ここでは就職を中心とした学生の進路相談に乗ることがおもな仕事になります。そのほか、「働くことに」に関する授業やセミナーを開催したり、キャリア形成に関する資料を作成したりすることもあります。

企業

・一般企業
・人材派遣会社

とくに大手企業の場合、「企業内カウンセラー」という形で専属のキャリアカウンセラーを置き、従業員に対してのキャリア相談を行っているところもあります。

その場合、うつ病といったメンタルヘルスについても取り扱うケースがよく見受けられ、関連資格として「産業カウンセラー」の資格を有している人も多いです。

産業カウンセラーの仕事

人材派遣会社では、登録している人材の能力やキャリア形成に関するカウンセリングを行い、職業紹介希望者の強み・弱みや希望を把握したうえで、ニーズのある企業へ人材を適切に派遣します。ここもキャリアカウンセラーの存在が重視されている場所といえるでしょう。

公的職業紹介機関

・ハローワーク
・ジョブカフェ
・高齢者就職支援センター

就職・転職希望者のキャリアカウンセリング、マッチング、フォローなどを行います。

各種団体

・地域若者サポートステーション
・ひきこもりや不登校児の支援を行うNPO法人など

勉強会やセミナーの企画、参加者に対するキャリアカウンセリングなどを行います。

フリーランスのキャリアカウンセラー

上記のような場所に属さず、独立してキャリアカウンセリングを行っている人もいます。

その場合は研修やセミナーでのトレーナーを務めたり、個人的に企業などと契約してカウンセリングを実施することが多いようです。

ただし、ある程度どこかに属して経験を積んでからでなければ、フリーランスで生計を立てていくことは難しいでしょう。