カメラマンの活躍の場

活躍の場はいろいろ

カメラマンが活躍できる場はたくさんあります。
新聞社などに社員として勤務する場合は、そこでの仕事が中心になります。フリーランスで活動している人は、いろいろなジャンルの仕事を引き受けていることも多いようです。ここでは、カメラマンの代表的な活躍の場を挙げていきます。

新聞社

事件や事故が起きた際や、ニュースになりそうなネタが見つかったときに現場に行って撮影するのが「報道カメラマン」です。基本的には新聞社に正社員として就職する必要がありますが、不定期でアルバイトの募集を募ることもあります。

出版社

出版社には、雑誌や書籍に使用する写真を撮影するカメラマンが在籍しています。大手では社内に社員カメラマンがいますが、小さな出版社や制作プロダクションでは、フリーランスの外部カメラマンと契約をして、案件ごとに依頼しているパターンも多いです。

広告制作会社

スタジオや屋外ロケで、広告に使用する写真の撮影を行います。広告制作会社は小さな会社も少なくありませんが、その仕事にはカメラマンが必要不可欠なため、自社でカメラマンを置いている場合が多いです。アシスタントの募集をすることもあります。

写真スタジオ

七五三や成人式など、家族の記念写真や証明写真などを撮影するスタジオも、カメラマンが活躍する場のひとつです。ここでは一般のお客さんと接する機会も多いです。

結婚式場

結婚式を専門で撮影するカメラマンが在籍しています。結婚式の様子は撮り直しがききませんし、とっさの判断での撮影も多くなる、難しいものです。「ブライダルカメラマン」として、フリーランスで活動している人も多いです。