客室乗務員に向いている人、適性

自己管理の徹底 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)は体力勝負の仕事です。しかし、体力があることに加えて、徹底した自己管理ができるかどうかも重要です。 客室乗務員になると、フライトで各地に飛び回ることになります。海外 … 続きを読む

客室乗務員の資格

必要な国家資格はなし 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)になるには、各航空会社の採用試験を受験して、社員(契約社員)として採用される必要があります。 たとえば医師や弁護士のように、客室乗務員ならではの国家資格が必要 … 続きを読む

客室乗務員の身長・年齢制限

身長制限について 国内航空会社の客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)採用試験では、応募資格に「身長○○cm以上」といった項目が明確に設けられていることはほとんどありません。 しかし、客室乗務員に身長制限があるという噂 … 続きを読む

客室乗務員に英語力は必要?

採用試験の受験時に必要な英語力 JALやANAの客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)採用試験では、応募資格のひとつとして「TOEIC600点程度以上の英語力」が挙げられています。TOEIC600点は、英検だと2級程度 … 続きを読む

客室乗務員は男性でもなれる?

男性でも客室乗務員になれる? 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)といえば女性ばかりのイメージ…。男性にはできない職業なのでは?と考えている人もいるかもしれません。しかし、そんなことはまったくありません。応募資格に「 … 続きを読む

外資系エアラインの客室乗務員

世界中に広がるエアライン 「航空会社」や「エアライン」といわれてみなさんがまず思い浮かべるのは、JALやANAといった日系の大手航空会社でしょう。 しかし、それ以外にも世界中にはたくさんの航空会社(エアライン)があり、そ … 続きを読む

LCCの客室乗務員

需要過多の状況が続く 2012年から、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン(現在はバニラエア)の国内LCC3社が運航を開始。「格安で飛行機に乗れる」ことをメリットに、LCCは交通手段の一 … 続きを読む

社会人から客室乗務員になるには

異業種からの転職は可能? 日系の航空会社では、しばしば客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の「既卒試験」が行われており、社会人経験のある人を一定数受け入れています。 職歴は普通問われませんが、既卒試験は人材不足の場合 … 続きを読む