客室乗務員に向いている人、適性

自己管理の徹底 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)は体力勝負の仕事です。しかし、体力があることに加えて、徹底した自己管理ができるかどうかも重要です。 客室乗務員になると、フライトで各地に飛び回ることになります。海外 … 続きを読む

客室乗務員の就職・採用募集状況

新卒者の募集はほぼ毎年 国内航空会社では、客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の新卒採用の募集をほぼ毎年実施しています。特に大手の場合、年度によっては500名以上の募集をかける年もあります。しかし、採用人数を大幅に縮 … 続きを読む

客室乗務員への転職・中途採用

既卒試験を受験 転職で客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)を目指す場合、国内の航空会社では「既卒」枠での採用試験を受験することになります。接客業などから転職する人もいれば、旅行会社やまったく異業種から目指す人もいます … 続きを読む

客室乗務員の現状と将来性

グローバル化による航空会社同士の提携 グローバル化が進み、海外でビジネスをする人の数はどんどん増えています。海外旅行をする人の数は景気によっても左右されますが、それでも毎日大勢の人が日本と海外の間を出入国しています。 日 … 続きを読む

外資系エアラインの客室乗務員

世界中に広がるエアライン 「航空会社」や「エアライン」といわれてみなさんがまず思い浮かべるのは、JALやANAといった日系の大手航空会社でしょう。 しかし、それ以外にも世界中にはたくさんの航空会社(エアライン)があり、そ … 続きを読む

LCCの客室乗務員

需要過多の状況が続く 2012年から、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン(現在はバニラエア)の国内LCC3社が運航を開始。「格安で飛行機に乗れる」ことをメリットに、LCCは交通手段の一 … 続きを読む

社会人から客室乗務員になるには

異業種からの転職は可能? 日系の航空会社では、しばしば客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の「既卒試験」が行われており、社会人経験のある人を一定数受け入れています。 職歴は普通問われませんが、既卒試験は人材不足の場合 … 続きを読む

エアラインスクール・専門学校で学ぶこと

仕事・会社について知る どのエアラインスクール・専門学校でも必ず学ぶことは、航空業界の歴史や各航空会社の特徴、航空機の機種、飛行理論など、航空業界の一員として働くうえで必ず知っておきたい基礎的な知識です。 また、近年急激 … 続きを読む

通信のエアラインスクール・専門学校

客室乗務員の通信講座とは? 全国に数あるエアラインスクールや専門学校には、客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)を目指す人が集まり、業界知識や一般常識、エントリーシートの書き方、マナー、メイクアップレッスン、筆記試験に … 続きを読む

夜間のエアラインスクール・専門学校

夜間のエアラインスクール・専門学校の特徴 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)を目指す人が集まるエアラインスクールや専門学校の中には、夕方以降の時間帯に講義が受けられるところもあります。 このようなスクール・専門学校 … 続きを読む