バリスタの魅力

コーヒーの魅力を多くの人々に伝えられる

バリスタの仕事の魅力はたくさんあります。エスプレッソを一杯ずつ自分の手で大切に淹れ、自分の手で提供すること。目の前のお客さまの反応をその場で感じられること。

そして、自分がテキパキと活躍することで「バリスタってこんな素敵な仕事なんだ!」と憧れてもらえること…。

日々さまざまなお客さまと接し、大好きなコーヒーを通して多くの人々の心を動かしたり影響を与えられるのが、この仕事の素晴らしさといえるでしょう。

たとえ同じ豆であっても、焙煎方法はもちろん、その日の温度や湿度、そしてバリスタの技術によってもコーヒーの味は変わります。そのようなコーヒーの奥深さ、繊細さを多くの人に伝えられるのがバリスタの魅力です。

そのバリスタのファンができる

本当においしいコーヒーを淹れるバリスタや、お客さまを心地よくさせる力を持ったバリスタには、必ずファンがつきます。「あのバリスタのコーヒーが飲みたい!」と思って来てくれるお客さまができていくのです。

スタッフの一員として働くのではなく、お客さまが自分そのものを求めてやってきてくれる可能性のある職業というのは、とても働きがいのある仕事だといえるでしょう。

どこまでも追究していける

バリスタとは、ワインでいうソムリエのような役割を担っています。コーヒーの知識と技術はもちろん、サービス力の全てがバランスよく備わっていてこそ、一流のバリスタといえます。

どのような仕事でもそうですが、本当のプロフェショナルを目指すのは大変です。とくに、職人的な側面とホスピタリティの両方を兼ね備えなければならないバリスタは、強い向上心と野心を持つ必要があります。

どれだけ周りに認められるバリスタになっても、自分に満足してしまった瞬間、それ以上の成長が望めないということでもあります。

厳しさもありますが、自分の目指すもの次第で、どこまでも「バリスタ道」を追求し続けられることも、この仕事の魅力といえるでしょう。