アートディレクターの転職事情

アートディレクターの求人は少ない傾向に

グラフィックデザイナーやコピーライターの場合、実力をつけるとともにより自分を高く評価してくれる会社への転職を繰り返すことで、収入をアップさせていく人が多く見られます。

しかしアートディレクターの場合はこの限りではありません。

アートディレクターはグラフィックデザイナーの上位の職種にあたり、管理職のような立ち位置です。

そのため、「アートディレクター候補」と記載されたグラフィックデザイナーの求人は多数あるものの、アートディレクター自体の求人の件数は極端に少ない傾向にあります。

自社で優秀なグラフィックデザイナーをアートディレクターに育てようと考える会社が多いことがこうした傾向の一因になっているようです。

独立するという選択

独立してフリーランスになったり、会社を立ち上げて多数のクリエイターを抱えるアートディレクターもいます。

しかし、いくら実力があっても独立して成功するのは難しいもの。しっかり実績と準備を積み、タイミングを見計らうことが肝心です。

フリーランスになる場合、フリーのアートディレクターを必要とするケースは大きく分けて2つのパターンがあります。このニーズを汲むことが最大の成功ポイントだといえるでしょう。

フリーランス集団を抱える

アートディレクターが中心となり、優秀なクリエイターたちからなるフリーランス集団を結成することができれば、これほど頼もしいものはありません。

大手広告代理店などの有力な取引先を見つければ、法人の形態になっていなくてもデザイン会社のような立ち位置で仕事の依頼を受けることができるでしょう。

アートディレクターが在籍していない会社をブレーンにする

企画や営業的な役回りも重要なアートディレクターの仕事。

自分自身が窓口となって大手広告代理店などから仕事を受け、優秀なクリエイターが揃った少数精鋭の制作会社を自分の下請けとして使うパターンも、軌道に乗れば仕事が進めやすいでしょう。