アナウンサーになるのにルックスは重要?

ルックスは重視されるのか?

テレビに映るアナウンサーを見ていると、モデルのように美人であったり背が高かったりする人も多く、アナウンサーの採用試験はもしかすると“ルックス”重視で選ばれているのではないか?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

特に女性の場合は、大学の「ミスキャンパス」がアナウンサーになっていることもあり、ますますその傾向が強いのではないかと思えてきます。

ルックスよりも「好感度」が重要

このような話をすると、とても多くの人が「自分はルックスがたいして良くないから…」と自信をなくしてしまうかもしれません。しかし、アナウンサーはアイドルではありませんので、決して「美人」や「格好良い」といったルックスだけで選ばれているわけではありません。

それよりもアナウンサーにとって大切なのは、「多くの人から愛されるキャラクターか?」ということです。不特定多数の視聴者が見るテレビに映る職業なので、普段からだらしない態度をしていたり、暗い表情をしている人は、アナウンサーに適しているとは言えません。

「愛嬌がある」「笑顔が良い」「清潔感がある」など、人から親しまれるような雰囲気があるかどうかが重要なのです。

明るい笑顔が自然に出せるようにする、姿勢を良くする、身だしなみを整える、体型を引き締めるために運動をする、などは自分でできることです。これらのことに気をつけて、自分に自信を持って試験に臨むことが大切です。