専門商社の仕事、業務内容

総合商社と専門商社の違い

商社には主に総合商社と専門商社の2種類があります。どちらも商品やサービスの輸出入と卸売を基本としていますが、総合商社がさまざまな商品やサービスを手広く扱うのに対して、専門商社は特定分野の商品・サービスのみを専門に扱います。

目安としては、特定分野の商品・サービスから生じる収益が全体収益の50%を超えると、専門商社と見なされます。

また、総合商社が輸出入関連の卸売と投資を歳入の2本柱としているのに対し、専門商社では投資への依存度が低く、卸売を主な事業としていることも特徴のひとつです。

専門商社のビジネスモデル

専門商社には、特定分野の商品を海外業者から輸入して国内業者に卸売する輸入事業のビジネスモデルと、国内業者の商品を海外業者に卸売する輸出事業のビジネスモデルがあります。

両ケースとも基本的には、仲介業から発生する中間利益を歳入源としています。

昔は輸入事業の専門商社の数が圧倒的でしたが、近年では日本国内の食品やファッション・工芸関連商品、ソフトウェアなどのIT関連商品など、日本から世界に発信する輸出業務のビジネスモデルも増えています。

専門商社での業務

専門商社も他の企業と同様に、多くの部門で構成されています。営業、企画、経理、法務・貿易、人事総務、広告宣伝など、配属される部門によって担当する業務は異なります。

営業であれば、製品知識をしっかり身に付け、サプライヤーや顧客との信頼関係を築いた上で仕事をすることになるでしょう。

法務は貿易法に基づいた輸出入プロセスのチェックや関税システムの処理、広告宣伝は各種メディアを通した広告やウェブサイト管理、イベントなどを担当することになります。

小企業であれば、部門の境目が曖昧で、社員それぞれが何種類かの業務を担当することになるかもしれません。

総合職か一般職か

総合職として専門商社に入社した場合、営業職なら取引先との交渉、企画職であれば輸出入商品やサービスの企画立案、広告宣伝職では宣伝業務に当たるでしょう。

またはそれらの職種を経たのちに、管理職として各部門のマネジメントに当たる道もあります。

一般職の場合は法務・貿易、人事総務、経理部門で事務を担当する可能性が高いですが、その他の部門で総合職のアシスタント業務に当たる可能性もあります。

専門商社の仕事に興味があって、自分に向いているのかということや、仕事内容について深く教えてもらいたい場合は、キャリアチケットというサービスを利用するのもよいでしょう。

キャリアチケットは「最短3日で内定を獲得できた!」という学生もいる新卒向けのサービスで、専門商社の面接対策や志望動機の添削なども無料で行ってくれます。