専門商社社員のやりがい、魅力

特定分野の知識が活かせる・知識が身に付く

専門商社では特定分野の商品の事業に占める割合が高いため、社員には取扱い商品に関する深い知識が求められます。

逆に言うと、大学などで対象商品について専門的に学んだ場合は、その知識をダイレクトに仕事に活かせるため、大きなやりがいを感じられるでしょう。

また商品知識がなくても語学ができて熱意があればOK、という採用方針の専門商社も少なからずあるため、入社後に先輩や上司から商品知識を学び、エキスパートになれるという魅力があります。

業績給があり給与が高め

商社には一般的に業績給が導入されています。業績給は基本給に加え、達成した業績に見合う報賞がプラスされる制度です。業績給は営業職に広く適応されています。

専門商社では取引先との時差の関係や、若手の頃から責任のある仕事を任される傾向があるため、残業が多いことで知られています。

また成長企業や安定した中堅以上の企業であれば、ボーナスが年3ヶ月〜4ヶ月分支給されるのが一般的です。そのため若手の頃からしっかり年収を稼ぎたい人には魅力的な職場でしょう。

扱う商品・職種により異なる魅力

未加工製品(レアメタル、農産物など)を扱う商社は、比較的開発途上国と仕事をする機会が多いでしょう。

開発途上国の企業や、ときには行政機関と仕事をする中で、日本にはない大きなエネルギーを感じられるのは大きな魅力です。

またこうした専門商社の営業職など職種によっては、取引先の所在国に定期的に海外出張があり、海外の空気を感じるのが好きな人には、それも魅力といえるかもしれません。

コモディティ(小売り商品)を扱う専門商社の企画職であれば、新規に人気が出そうな商品を発掘して輸出入を行い、ヒットに繋げられる環境に魅力を感じるでしょう。

また食品やファッションであれば、愛着のある商品に関われる喜びを感じる人もいるのではないでしょうか。