専門商社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

専門商社入社に必要な学歴

専門商社にはさまざまな部門がありますが、総合職でも一般職でも大学学士課程卒業以上の学歴が求められるのが一般的です。

専門商社の平均年収が他業界の企業と比べて比較的高いのは、年収が低くなりがちな高校卒業や専門学校出身の社員が非常に少ないためといわれています。

取扱い商品が高度に専門的な場合は修士号以上の学歴を持っていると好印象になる可能性はありますが、一般的には学士号以上を求められることはありません。

専門商社入社に有利な大学

伊藤忠、三井物産などのいわゆる総合商社大手7社による新卒採用は、全社を足しても毎年1000人前後といわれる狭き門です。

競争率が高い業界の常として、有名大学、難関大学の出身者の採用が多い傾向があります。東京大学、京都大学、早稲田大学、慶應大学や、地方の難関国立大学出身者が好まれます。

専門商社においても、大手や有名企業では同様の傾向が見られます。しかし専門商社は大小合わせると星の数ほどあり、有名校・難関校出身者でなくとも採用されるチャンスは十分にあります。

自分の大学が有名校・難関校でないからといって萎縮する必要はありません。

専門商社という大きなカテゴリーの中で、的を絞りすぎることなく広い視野を持って応募していくことが重要です。

学部と取扱い商品の関係

たとえばアパレル商品の専門商社に就職したいとして、大学の学部がデザイン系や服飾関係だったり、食品関係の専門商社に就職したい人が農学部や栄養学部出身であれば、選考時に好印象ではあります。

しかしほとんどの専門商社では、応募条件に学部を限定することはありません。

大学で学んだことと全く関係のない商品を扱う場合でも、入社してからどれだけ熱心に知識を身につけられるかに重きを置いて選考を行います。

ただし、まったく興味のない分野の商品を扱う専門商社に入社してしまうと、人によってはモチベーションを保ちづらい可能性があります。

専門商社というビジネス自体に興味があり、取扱い商品はそれほど気にならないのであれば問題ありませんが、少しでも商品に愛着を持てないと仕事に身が入らないという人は、分野をある程度限定して応募するのがいいかもしれません。

専門商社に興味がある人は、新卒の場合はキャリアチケットというサービスを利用することで、専門商社の選考内容について教えてもらうことができ、志望動機添削や面接対策も受けることができます。

「累計6万人以上が利用し、内定率80%」、「最短3日で内定を獲得できる」と人気のサービスで、利用するメリットが多いので、うまく活用しましょう。