専門商社の志望動機・面接

専門商社に入社したい理由

商社には総合商社と専門商社があります。総合商社はさまざまな商品やサービスの輸出入を扱い、専門商社は特定分野の商品を扱います。

専門商社に応募する際には、なぜ総合商社ではなく専門商社を希望するのかはっきりさせるといいでしょう。

総合商社では商品やサービスの輸出入以外にも、他社への事業投資を行っており、必ずしも希望の業務に関われるとは限りません。

たとえば何らかの商品の輸出入を担当したいと希望していても、社内辞令により投資部門に配置されることもあるでしょう。この場合は異動希望が通るチャンスを待つしかありません。

希望が通り輸出入部門に配属されたとしても、たとえば食品輸入の業務に興味があったとしても、鉄鋼輸入の担当に任命されるケースもありえます。

しかし専門商社は、特定商品が歳入の50%以上を占めるのが特徴です。

そのため鉄鋼輸入の業務に興味があれば、食品関連の専門商社の総合職に的を絞って就職活動することで、興味対象の業務にピンポイントでアプローチできるのが魅力です。

面接時にアピールしたいこと

採用面接時には、総合商社と専門商社の違いを踏まえて自己アピールするといいでしょう。

たとえば輸出入対象の商品や貿易業務自体に興味があることや、専門的に商品や貿易について勉強したのであれば、ダイレクトにその知識を活かしたいとアピールしてみましょう。

取扱い商品の知識が全くない状態でも、商社の仕事の流れを把握していること、また商品について勉強する意欲を見せることで、面接時の印象を良くすることは可能です。

専門商社は総合商社に比べ規模が小さい傾向があり、企業によってはマルチプレイヤーを求めているかもしれません。英語で営業やコレポン(応答業務)をこなし、貿易関連にも詳しい、といった人材です。

専門商社の採用面接の際は、具体的にどのような業務を担当することになるのかをしっかりと聞いておくことが重要です。

専門商社の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で専門商社への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで添削を無料で受けるのもおすすめです。

専門商社の分野に強い転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、業界情報を聞くことができたり、専門商社の「非公開求人」の情報を得ることもできます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。