専門商社社員に必要な資格、スキル

専門商社社員に必要な資格・学歴

専門商社社員になるために必須の資格はありません。

しかし英語や特定言語を頻繁に使用する企業や部門によっては、TOEICや各種語学検定において、一定以上のスコアを応募条件にしていることがあります。

また専門商社においては輸出入関連の業務が多いため、貿易事務検定などの貿易関連資格を所持していると有利になるでしょう。

専門商社への応募の際に求められる学歴は、総合職の場合は大学卒業以上が多いでしょう。

大手では一般職でも大学卒業以上の条件が目立ちますが、事業規模やポリシーによっては短大卒業以上、高校卒業以上の学歴でも応募が可能な企業もあります。

求められるスキルは?

求められるスキルは配属される部門により異なりますが、就職希望先の専門商社が扱っている商品・サービスについて深い知識を持っていると、選考時に有利になるでしょう。

とくに営業職や企画職、広告宣伝職は、自社製品を詳細に説明する能力が期待されます。

取引先とのコミュニケーション業務に英語スキルが必要なケースは多いです。

職種によって、英語での読み書き会話スキルすべてをまんべんなく求められることもあれば、メールでやりとりができる程度、英語明細を読める程度でOK、という職種もあります。

分野により異なる資格やスキル

取扱う商品やサービスによって、求められる資格やスキルが大きく異なるのが、専門商社の特徴です。

たとえば食品を輸入する企業であれば、食品衛生責任者資格を所持していると大きなアピールポイントになります。

ワインを輸入する会社には、ソムリエ資格やワインエキスパート資格を持っていると有利になるでしょう。

アパレル商品に特化した企業であれば、デザインやファッションの知識が業務に役立つでしょうし、薬品関連に特化していれば、薬剤師資格が役立ちます。

専門商社への就職を希望する場合は、このように取扱い商品によりアピールポイントが多様化することを踏まえ、学問的なバックグラウンドや興味関心に沿って就職先を選択することが可能です。