女性の専門商社社員

専門商社での女性の職種

女性が専門商社に採用される場合、総合職よりも一般職が多い傾向にあります。

総合職採用されると配属先には営業、企画、マーケティングや管理職があり、一般職としての配属先は営業事務や経理、総務、貿易事務などが代表的です。

総合商社・専門商社どちらの場合も、男性総合職の割合が高いですが、近年では女性総合職を積極的に採用する企業が増えてきています。

女性だと商社の総合職は難しいだろうと敬遠することなく、募集に積極的に応募していくことが重要です。

女性総合職の苦労

企業によっては、毎日非常にハードなスケジュールで働くことになります。男性でも体力的にきつい仕事をこなしていくには、タフさと根気が必要でしょう。

また、商社の総合職には転勤や海外出張があり、出産後に子育てと仕事を両立することに困難を覚えるかもしれません。

この点に関しては企業研究を重ね、産休や育休、時短勤務などの体制が整っている企業を前もって把握しておくといいでしょう。

女性総合職ならではの苦労もあります。体質が古い企業だと、男性総合職からうとまれて、チームワークが上手く作用しないというのはよくある話です。

加えて、女性一般職からも嫉妬を買ってしまい、職場での居心地が悪くなるケースも。また、取引先の体質によっては女性総合職を敬遠することもあります。

こうした場合は人一倍コミュニケーションを積極的にとるよう心がけ、信頼関係を築く必要があります。

男性総合職であればしないで済む苦労ですから、アンフェアだという気持ちはあるでしょうが、仕事ぶりが認められる日を目指して努力を重ねていくしかありません。

女性総合職が多い専門商社の分野

女性総合職が多い分野は、アパレル・ファッション関係、食品関係、インテリア用品や家具を含む日用品などです。

こうした業界は女性ならではの感性が活かせる分野であり、女性総合職の活躍の歴史が比較的長いため、他の業界に比べ女性が総合職として働きやすいと感じるかもしれません。