精密機器メーカー社員に必要な資格、スキル

特別な資格がなくても働ける

精密機器メーカーでは、高度な技術を駆使して製品の開発・製造を行っていますが、社員として働くうえで、何か特別な資格が必要とされることはそう多くないようです。

とくに営業職であれば、入社時点での特別な資格やスキルはさほど重視されません。

もちろん、営業といっても顧客に対して製品の特徴を説明できなくてはなりませんから、技術的な知識が必要となってくることもあります。

しかし、それらは入社後の勉強で身につけることができると考えられており、人柄のよさや人間関係を築く力、誠実さ、ビジネスマナーなど、社会人として基本的なことが備わっていれば問題ないとされることが多いようです。

その他の職種についても、入社時点では資格やスキルはが求められることはそうないでしょう。

技術系職種は専門性が問われてくる

しかし、研究開発や設計、品質管理といった技術系の職種に就く場合には、理系の知識が求められてくることがあります。

採用時点で機械系や電気・電子系などの学部・学科で学んでいることが条件になることもありますが、そのような条件がなかったとしても、理系としての基礎知識は求められてくるでしょう。

転職で精密機器メーカーへの入社を希望する場合は、応募職種に関する業務経験が必須となることもあります。

業務上必要なスキルは入社後に身につけていく

精密機器メーカーに就職した場合、一般には、業務で必要とされる知識やスキルは入社後の教育・研修で身につけていくことができます。

大手企業になると、教育体制はしっかりと整っているところが多く、新人を対象とした新入社員研修だけでなく、中堅社員研修、リーダー研修、管理職研修など、階層別にさまざまな研修を受けることができるでしょう。

業務知識についても、こうした研修や配属先の実務を通じて身につけていきます。

もし、仕事を続けていくなかで特別な資格取得を求められる場合には、資格取得にかかる費用を会社が負担してくれる場合もあります。