栄養士の勤務時間、休日

栄養士の勤務時間

職場によって変わってきますが、栄養士の場合は一般のサラリーマンとさほど変わりはありません。

仕事の始まりは午前8時から9時ごろが多く、一日7時間から8時間勤務、休憩1時間ほどで、週休2日制が多いでしょう。

ただし勤務先によってはシフト制ということもあり、朝食を提供する施設では、朝早い出勤は覚悟しておかなければなりません。

栄養士の休日

シフト制の職場が多い

栄養士は、病院や福祉施設など、年中無休で営業している施設で働く人も多くいます。

つねに誰かが働いていなくてはなりませんから、栄養士もたいていシフト制の勤務体系となり、複数の栄養士が交代で休みをとりながら働くことになります。

その場合、必ずしも土日が休みになるとは限らず、休みの曜日が不規則になったり、休日は平日が中心であったりすることも多くなるでしょう。

土日が休みとなる職場は?

なかには土日が休みとなる職場もあります。

たとえば、公務員の栄養士になって保健所・保健センターや公立の学校が勤務先となれば、基本的に平日に勤務をし、土日や祝日は休むことができます。

また、食品会社などの一般企業の多くも、基本的には土日が休みとなります。

そのほか、給食の委託会社も土日が休みとなることが多いようです。

土日に休みやすい職場は人気が高く、なかには倍率が非常に高くなるところもあります。

非常勤で働く方法も

正社員ではなく、パートなどの非常勤という選択肢もあれば、病院や福祉施設といったシフト制となっている職場でも土日に休める可能性があります。

大きな施設で複数の栄養士が在籍している職場では、他のスタッフと調整して土日に休みを取りやすいという声も聞かれ、また、土日も稼働している施設であっても、昇進して施設の責任者になると自由に休みがとりやすい職場もあるようです。

栄養士の残業時間

栄養士は残業が多い仕事ではありません。

毎日決められたスケジュールで仕事をするため、大幅に時間をオーバーすることはほとんどないからです。

ただし、公務員や食品メーカー等で働く場合は、繁忙期など場合によっては残業があるようです。

栄養士に夜勤はある?

夜勤がある職場も

栄養士としての仕事だけであれば、普通、夜勤はありません。

ただし職場によっては日中の勤務だけでなく、夜間勤務をしなくてはならないところもあります。

特に夜勤が多いのは介護付有料老人ホームや特別養護老人ホームといった福祉施設です。

そのほか、入院患者を受け入れる一部の総合病院や大学病院でも夜勤を求められるところがあるようですが、基本的には栄養士は看護師などと異なり日勤中心となっています。

夜勤がある職場では、たいてい「3交代制」あるいは「4交代制」といったシフト制勤務となり、複数のスタッフが在籍し、あらかじめ決められたスケジュールに基づいて勤務をしていきます。

福祉施設は基本的に年中無休となるため、1週間を通してつねにスタッフの手が必要なため、休日も必ず土日祝日になるというわけではなく「4週8休制」といった形になることがあります。

夜勤手当が付く

栄養士の資格を持っていると、さまざまな職場で決められた給料に加えて「資格手当」がもらえることが多いようですが、さらに夜勤をする場合は「夜勤手当」が付きます。

そのため、夜勤ができる職場でフルタイムとして働いている栄養士は、日勤だけの栄養士よりもよい収入を得ている人が多いようです。

栄養士は忙しい? 激務?

栄養士の仕事は慢性的な人手不足といわれています。

その理由は、離職・退職する人が多いからです。

想像以上に体力が必要で、身体がもたないという人や、暑さや洗剤での手荒れなど調理環境の悪さを理由に栄養士を辞めてしまう人も少なくありません。また、多くの人が口にするものを作る責任感から、プレッシャーをストレスに感じる人も多いようです。

また、不規則な勤務や忙しさのわりに給料が低く、満足いく待遇が与えられていないと感じる人も多いようです。

栄養士の休日の過ごし方

栄養士はもともと食べることや料理が好きな人が多いため、休日には外食を楽しんだり、自分で調理をしたりする人が多いようです。

また、料理番組や雑誌などで知識やスキルを研鑽する人もいるようです。

栄養士の1日・生活スタイル