栄養士の働き方の種類とその特徴

栄養士の雇用形態

栄養士にはさまざまな雇用形態があります。

正社員のほか、パート・アルバイト、派遣社員、副業・在宅、またフリーランスで働く人もいます。

そのため自分のライフスタイルや働き方にあった雇用形態を見つけやすい職業といえるでしょう。

正社員の栄養士

一般的な栄養士は、正社員として働きます。

ほかの雇用形態に比べると給与や待遇面では安定していますが、求人数はアルバイト・パートに比べると少なくなっています。

また都道府県庁・市区町村などで採用された場合は、公務員として働きます。

派遣の栄養士

派遣の栄養士

派遣の栄養士の仕事は、基本的に正社員とさほど変わりません。

福祉施設などで調理業務が中心となることもあれば、病院や学校などで献立作成や栄養指導にまで携わる場合もあります。

派遣の栄養士として働くには

派遣の栄養士として働きたい場合、まずは派遣会社に登録をするところからスタートします。

その際、希望の勤務条件などを派遣会社に伝え、派遣会社は求人内容とのマッチングを行い、自分に合う仕事を紹介してもらうことができます。

派遣はあらかじめ決められた期間で働くため、契約期間が終わって契約延長とならなければまた新しい仕事を紹介してもらわなくてはなりません。

自分の都合や希望に合わせて職場を選べ、さまざまな職場で働けるのは魅力的ですが、どうしても正社員よりは待遇面で劣ると考えておいたほうがよいでしょう。

派遣の栄養士として働くのはどんな人?

派遣の栄養士は、主婦などフルタイムで働くことが難しい人や、正社員を目指すために現場で経験を踏もうと働いている人などがいます。

なお、たとえ派遣であっても、栄養士としての専門的な知識や資格は必要とされるため、責任感を持って業務に臨む必要があります。

もちろん、派遣としてしっかりと働き、実力や意欲が認められれば、そのまま正社員になれる可能性もあります。

また、その職場では正社員になることが難しかったとしても、派遣として培ってきた経験やスキルはその後も生かしていくことができます。

アルバイト・パートの栄養士

栄養士の求人で多いのがアルバイト・パートの求人です。

正社員よりも時間の融通が利き、短時間でも働くことができるため、育児や介護など家庭と両立しながら働く人も多くいます。

ただし、アルバイト・パートの場合、栄養士として採用されても、実際には調理員と仕事内容が変わらなかったり、専門的な仕事ができなかったりすることもあるため、勤務条件や待遇などをしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。

フリーランスの栄養士

栄養士の中にはフリーで活躍している人もおり、「開業栄養士」または「在宅栄養士」ともいわれます。

働き方は人によってさまざまですが、自分で仕事を確保すること、知識を常に更新することやスキルを磨き続けるなどの努力も必要です。

副業・在宅の栄養士

副業の栄養士をする場合、アルバイトやパートとして働くほか、フリーランスで仕事をすることもできます。

最近では、オンラインで一般の人に栄養面のコンサルティングやアドバイスをする需要が高まっているため、在宅で仕事をする栄養士も増えつつあります。

在宅勤務であれば、休日など空いた時間を使って無理なく副業に挑戦しやすいというメリットもあります。