独学で栄養士になれる? 勉強内容は?

栄養士を独学で目指す人はいる?

完全な独学では栄養士の資格が取れない

栄養士になるには栄養士の資格を取得する必要がありますが、この資格は栄養士養成課程を置く学校(栄養士養成施設)で最低でも2年間学ばなければ取得することができません。

したがって、完全な独学のみで栄養士になるのは不可能です。

栄養士の資格試験はないため、高校卒業後などに栄養士の勉強ができる大学や短大、専門学校へ進学して学び、卒業すれば、自動的に栄養士の資格を得ることができます。

栄養士になるための詳しいルート

栄養士になるには、厚生労働大臣指定の栄養士育成施設を卒業する必要があります。

栄養士育成施設の種類としては、短大もしくは専門学校の栄養士養成課程(2~4年)か、4年制大学あるいは専門学校の管理栄養士養成課程の2種類に分けられます。

管理栄養士養成課程で学ぶと、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることが可能です。

一方、栄養士養成施設で学んだ場合には、卒業後に1~3年間の実務経験を積むことによって管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。

学校では実習の時間も多い

栄養士の養成施設では、座学で知識を深めていくだけではなく、実際に学んだ知識を生かして調理をすることによって、現場で力を発揮できるだけの調理技術を高めていきます。

栄養士になるための勉強は範囲が広く、在学中は忙しい日々を送ることになりますが、学ぶことは栄養士として不可欠なものばかりです。

それは仕事をする上で確実に自分の財産になりますし、自分の日常生活を豊かにするうえでも役立たせることができます。

養成施設に通う時間を確保する

栄養士になるためには必ず養成施設に通わなくてはならないため、通学の時間を確保する必要があります。

また、栄養士養成課程は昼間のみで、夜間部は設置されておらず、日中に仕事をしながら学校にも通うというのは難しいため、栄養士への転職を考える人は注意が必要です。

栄養士になるために勉強すること

栄養

栄養学

各栄養素と、年代別に必要な栄養素、また栄養素が体内でどのように消化・吸収され、健康に影響を与えていくのかを学びます。

食生活論

食事と人間の生活について理解し、豊かな食生活とは何かを考えていきます。

臨床栄養学

さまざまな疾病と栄養の関係、栄養の面からの疾病の治療・予防について学びます。

公衆栄養学

集団や地域における人々の健康や栄養の問題について学びます。

栄養指導論

栄養学の知識を基にして、食事療法・運動療法の指導方法について学びます。

食品衛生

食品学

各食品の分類や特徴、その栄養素について学びます。

食品加工学

加工食品の加工技術や微生物、酵素の作用などについて学びます。

食品衛生学

食中毒・食品添加物についてや、微生物や食中毒菌について学びます。

食料経済学

食品の生産や加工、流通、販売、消費の一連の流れのなかで発生する問題について学びます。

公衆衛生学

地域社会で人々の健康を守り、推進する方法について学びます。

給食運営

調理学

食材別のよりよい調理方法や料理の組み合わせなどについて学びます。

給食管理

給食での栄養管理や食材管理、衛生管理、原価計算などについて学びます。

人体

解剖生理学

栄養素が、人体のどの器官でどのように消化・吸収され、代謝されていくのかを学びます。

生化学

生体の仕組み、栄養素や生体成分の化学的な性質、免疫系や遺伝などについて学びます。

運動生理学

人間が運動やスポーツを行った場合に、呼吸や循環といった各機能がどのような変化をし、どのような影響を与えるのかについて学びます。