男性の栄養士のメリット・デメリット

栄養士は女性の職業であるというイメージがいまだ根強いですが、もちろん男性も活躍しています。

本記事では、

男性でも栄養士になれる?

男性栄養士も増えつつある

もちろん、女性と男性で栄養士になるための道に違いはありません。

まだまだ数は少ないものの、男性の栄養士も活躍しています。仕事内容も男女で違いはありません。

職場によっては、男性栄養士を積極的に採用するところも増えています。

栄養士は女性の多い業界

栄養士は、まだ女性が大半で、男性栄養士が数人だけという職場も少なくありません。

同性の同僚が少ないのは不安かもしれませんが、男女問わずコミュニケーションを図ることが仕事を円滑に進めるうえで大切です。

男性の栄養士のメリット・デメリット

男性の栄養士のメリット

栄養士は大量調理を行うことも多く、想像以上に体力を要する仕事です。

重い調理器具や食材を持ち運ぶこともあるため、腕力のある男性を歓迎する職場も多いようです。

男性の栄養士のデメリット

栄養士はさまざまな場所で活躍することができる仕事です。求人数も安定しているため、就職はそれほど難しいことではありません。

しかし、給与水準はそこまで高いわけではなく、平均年収は250万円から400万円程度といわれています。一家の収入を担うことが多い男性にとっては不安な額かもしれません。

男性栄養士にかぎったことではありませんが、安定した雇用形態のもとで収入を得たいと考えている人は、就職先をよく検討する必要があります

公務員系の栄養士を目指す

栄養士として長く働き続けたい、男性栄養士として活躍したいと考えたときの選択肢として、都道府県庁・市区町村の公務員となり栄養士として働く方法があります。

とくに公務員の場合、長年働き続ければ一般的な栄養士と比べ待遇もよく、昇級も見込めます。

ただし、全体的にみると、同じ栄養士でも「管理栄養士」の有資格者のほうが好待遇で採用されることが多いため、長く働きたいと考えた場合はキャリアアップも視野に入れるとよいでしょう。

男性でも栄養士になれる? のまとめ

同性の同僚が少ないことや、給与水準があまり高くないなどの不安要素はあるものの、男性の栄養士もさまざまな現場で活躍しています。

待遇面での不安は、公務員という道を選んだり、管理栄養士へのキャリアアップを狙うことで解消できるでしょう。