ウエディングプランナーの現状と将来性

ウエディングプランナーを目指す方にとって、この仕事の未来や展望は気になるところでしょう。

では、時代の流れにともなって、ウエディングプランナーには何が求められているのでしょうか?

式の規模が縮小傾向に

地域差もありますが、近年では低予算で結婚式を挙げるカップルが急増しています。

少子化、核家族化が進み、ひと昔前のように大きなホテルで大人数の招待客を呼び、親戚一同の前で大規模な挙式・披露宴を行うというカップルが減ってきているのが現状です。

もちろん、家のしきたりや仕事の関係上、大きな式を挙げるカップルもいますが、「できるだけ予算を抑えて仲の良い仲間だけを集めた式をしたい」というニーズが増えているようです。

また、長く続いてきた不景気も、結婚式に予算をかけない傾向に拍車をかけています。

お客さまは各社のプランや予算を見極めて比較していくため、新規顧客を獲得するための営業力、お客さまを納得させれるような高い話術も求められていくでしょう。

演出へのこだわりは高まっている

お金をかけない結婚式が増えている反面、テレビや小説などでウエディングプランナーが脚光を浴びた影響か、「低予算であっても素晴らしい演出をしたい」というニーズは高まっています。

低い予算内で最高の一日を作り上げなくはならないのですから、以前よりもウエディングプランナーのプランニング力が試されることとなります。

また、レストランやカフェなど、ホテルや挙式専門会場ではない場所での挙式を選ぶ方が増えているという特徴もあります。

レストランやカフェの店員はブライダルのプロではないため、そういう人たちをまとめていけるリーダーシップのあるプランナーも、これからは重宝されていくでしょう。

少子化の影響もあり、結婚式をする人数は減少していくと考えられますが、結婚式をする人がいなくなることはありません。

低予算で式を挙げられる様になったいま、ウエデイングプランナーの創意工夫が求められるようになっています。

仕事体験談