ウエディングプランナーにノルマはある?

ウエディングプランナーの営業活動

ウエディングプランナーというと「新郎新婦の幸せな一日をサポートする仕事」「自分のアイディアを形にできる仕事」という華やかなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

そうした業務が中心である一方で、多くの結婚式場において、見学に来たカップルを出迎えて実際に会場をご案内しながら成約に導くこともプランナーの重要な使命のひとつとなっています。

ここでは、ウエディングプランナーの営業活動について説明します。

成約を勝ち取るためのハードル

ウエディングプランナーの営業は、他の業種の営業マンに負けず劣らず過酷なものだといわれています。

結婚式というのは、多くの人にとって人生に一度きりの一大イベントです。

たった数時間の挙式と披露宴のために何百万円もの大金を支払うことになるので、見学に来た結婚式場にその価値があるかどうかを見極めようと、どのカップルも真剣勝負で質問や意見をぶつけてきます。

信頼を勝ち取って成約に導くためには、ウエディングプランナーに深い専門知識と高いコミュニケーション能力があることが必要不可欠です。

そしてたいていの場合はカップルから「他の式場も見てから考えます」「何度か足を運んで検討します」「仮予約だけしておきます」という返事を受け取ることになるので、ここで諦めない粘り強さも大切です。

結論が出るまでに何度も電話をしたりメールを送ったり手紙を出したりしながら丁寧にプレゼンテーションを続けることで、成約を勝ち取れることもあります。

目標を達成するために

式場によっては、一人ひとりのプランナーに成約数の達成目標を課しているところもあり、厳しい数字がプレッシャーとなってこの仕事を離れてしまう人もいるようです。

新たなお客さまを増やすための重要なカギのひとつは、人脈でしょう。

敏腕プランナーの場合、式を挙げてくれた新郎新婦と固い信頼関係を築き上げることで、その次のカップルを紹介してもらえることがあります。

「今度は妹が結婚するので…」とか「友達からプランナーを紹介してほしいと頼まれたので…」というような形で新たなお客さまを紹介してもらえることは信頼の証でもあり、プランナーにとって本当に嬉しい瞬間です。

仕事体験談