有名なバレーボール選手

一人時間差攻撃を生みだした森田淳悟

メキシコ五輪(1968年)で銀メダル、ミュンヘン五輪(1972年)で金メダルを獲得した森田淳悟は、1947年に北海道北見市で生まれました。

その後、東京へ移り、バレーボールを始めたのは、日大鶴ヶ丘高校に入学後のことでした。身長が高いことを見込まれ、誘われたことがきっかけでした。

もともと運動能力の高かった森田は、メキメキと上達しました。

そして、バレーボールを始めて4年目、日本体育大学へ入学した年には、全日本メンバーにも選ばれました。

名将・松平監督との出会い

当時、全日本男子の監督は松平康隆でした。松平は、オリンピックで全日本男子が金メダルを獲得することに執念を燃やしていました。

1964年の東京五輪で、男子チームは銅メダルに輝いていました。しかし、「東洋の魔女」と呼ばれた女子チームが、金メダルを獲得していたため、男子の銅メダルは、まるで忘れられたかのようでした。

実際、東京五輪後、女子チームの祝勝会が盛大に開催されましたが、男子チームは、銅メダルを獲得したにも関わらず、その祝勝会に呼ばれませんでした。

松平監督は、この屈辱を晴らすには、金メダルを獲得するしかないと考えていました。

松平監督が、選手たちに求めたのは、まったく新しい攻撃のスタイルでした。

当時の強豪だったソ連や東ドイツなどと比べ、高さとパワーで劣る日本人が世界一になるためには、相手をほんろうする新たな攻撃を生みだすことが必要だと考えたのです。

監督や選手たちによって生み出された新しい攻撃

現在では当たり前の時間差攻撃やフライイングレシーブは、この時期に生まれたものです。

そして、森田自身が編み出したのが、「一人時間差攻撃」でした。

相手のブロックを交わすため、一度、ジャンプするふりをして相手のブロックをかわし、もう一度ジャンプしてスパイクを打つというものでした。ドライブサーブを考案したのも、森田でした。

東京五輪の銅メダルに続き、メキシコ五輪で銀メダルを獲得すると、4年後のミュンヘン五輪に向けて男子バレーボールの大ブームが巻き起こりました。

代表選手たちがアイドルのように扱われ、『ミュンヘンへの道』というテレビ番組まで放映されました。

1972年のミュンヘン五輪で、松平監督が率い、森田らが中心の全日本男は、念願の金メダルを獲得しました。

現役引退後、森田は、全日本男子の監督も務めました。現在は、母校の日本体育大学で教授として指導、育成にあたっています。

中学生で全日本女子に選ばれた中田久美

1984年のロサンゼルス五輪で銅メダルを獲得した中田久美は、1965年に東京都練馬区で生まれました。

中学入学後にバレーボールを始めると、2年生の時、バレーボールの英才教育チーム「LAエンジェルス」に入団します。このチームは、長く全日本女子の監督を務め、退任したばかりの山田重雄が始めたものでした。

この山田の下で徹底的に鍛えられた中田は、なんと、中学3年で全日本メンバーに選ばれたのです。

全日本でセッターに転向して大成功

当時は、センタープレーヤーでした。ところが、山田に素質を見込まれ、セッターに転向することになりました。

セッターへの転向を持ちかけられた時、中田本人は、「私、全日本のセンターなんだけど?」と驚いたといいます。しかし、意を決して取り組むと、山田の見込み通りに大きく成長しました。

そして、実業団の日立武蔵と全日本女子の両方で大活躍し、世界的に有名なセッターとなりました。

高い位置のトスは世界の先駆けに

1980年代当時は、トスをおでこの前で上げるのが常識でした。中田はもっと高い位置から速いトスをあげるようになりました。

その後、中田の真似をするセッターが増え、高い位置でトスをあげるというスタイルが世界に広がっていきました。

現役引退後は、解説者やタレントとしてテレビに出演しながら、指導者の勉強を行い、現在は、久光製薬の監督として活躍しています。