バレーボール選手の海外移籍

海外移籍への道を開いた加藤陽一選手

日本のバレーボール界のトップ選手で、初めて海外へ移籍したのは、現在「つくばユナイテッドSun GAIA」に所属する加藤陽一監督兼選手です。2002年、イタリアのシスレー・トレヴィージでプレーしました。

当時、全日本代表の選考基準に「Vリーグ、もしくは大学に所属する選手」という規約があったことから、日本バレーボール協会などには反対論も少なくありませんでした。

加藤選手は、全日本代表として戦っても外国チームに勝てないことから、実際に自分の目で外国リーグを見てみたいというのが動機だったといいます。

自らトライアウトを受け、「日本ではベンチを温めていた選手」と誤解されながら入団しましたが、当時、世界最強リーグと呼ばれたセリエAで大活躍。チームをリーグ優勝に導きました。

翌2003年、全日本の活動スケジュールと合わせるため、ギリシアのPAOKに移籍すると、全日本代表の選考基準から「Vリーグ、もしくは大学に所属する選手」が削除されました。

こうして日本のトップ選手も、自由に海外へ移籍することができるようになったのです。

その後、井野亜季子選手(日立佐和リヴァーレ−フランスのRCカンヌ−NECレッドロケッツ−アゼルバイジャンのアゼリョル・バクー)、狩野舞子選手(久光製薬スプリングス−イタリアのパヴィーア−トルコのベシクタシュ−久光製薬)、越川優選手(サントリーサンバーズ−イタリアのパッラヴォーロ・パドヴァ−サントリー)らが海外でプレーしました。

世界のトップ選手は1億円プレーヤー

全日本女子のエース木村沙織選手は、ロンドン五輪後の2012年秋からトルコのワクフバンクへ移籍しました。

この時、木村選手が「年俸を提示された時にはビックリしました。0を一つ間違えちゃった」と発言したのは有名です。年俸が、なんと1億円だったのです。

東レ・アローズ時代の10倍以上だったのではないかといわれています。2013年は、同じトルコリーグのガラタサライに移籍しています。

現在、トルコには、各国のトップ選手が集まり、年俸1億円前後で契約しています。木村選手のように世界でも高く評価されれば、1億円プレーヤーも夢ではありません。

ただし、日本のトップ選手が海外でプレーする際の年俸は、その選手の実力と人気に応じて数千万円といわれています。

NECレッドロケッツの高橋みゆき選手のように、チーム派遣という形で海外へ行った選手もいます。2005年8月からNECに在籍のままセリエAのヴィチェンツァで2年間プレーしました。

その経験をチームに持ち帰り、NECでも、全日本でもチームリーダーとして活躍しました。