バレーボール選手の1日

試合のある日とない日では大きく異なる

バレーボール選手の1日は、試合のある日とない日では大きく異なります。また、試合のある日も、試合会場が遠隔地であるかどうかで、大きく変わってきます。

また、練習だけの日でも、企業の社員選手と嘱託選手、あるいはクラブチームの選手では違ってきます。

ここでは、企業の社員選手が、練習日と遠隔地へ試合に行く日をどう過ごしているかについて、それぞれ紹介します。

練習日の1日

7:00 起床

寮の部屋でストレッチングをしたり、身体を動かしてすっきり目覚める。
寮の食堂で朝食をとる。

8:00 出発

寮を出る。会社(工場)まではクルマで行く。

9:45 朝礼後、仕事

リーグ戦が始まるとほとんど出勤しないので、任される仕事も資料を整理したり、倉庫を片づけたりと簡単な仕事であることが多い。

12:00 昼食

午前中の勤務が終了。会社の食堂で昼食をとる。その後、体育館へ移動。

13:00 取材

体育館で専門雑誌の取材。30分ほどインタビューを受けた。

14:00 全体練習開始

ウォーミングアップやストレッチング、そして、基礎的な動きを長い時間かけて行い、動きのキレをアップさせる。

チーム全体で戦術トレーニング。

18:00 全体練習終了

その後、個人トレーニング。

サーブやレシーブといった基礎練習からウェートトレーニング、ランニングなど自分のトレーニングメニューに沿って行う。

19:00 練習終了

クールダウンしてシャワーを浴び、寮へ帰る。

20:00 夕食

仲間と談笑したり、テレビを見たりしてくつろぐ。

21:30 自由時間

自分の部屋に帰り、その日、行った練習や気づいたことをノートに書く。

自分のトレーニングメニューの進行状況をチェック。それを踏まえて、翌日に行う個人トレーニングについて考える。

また、本を読んだり、音楽を聴いたりしながら、筋肉や関節を柔らかくするトレーニングを行う。

23:30 就寝

翌日に備えて十分に睡眠をとる。

遠征試合に出ている1日

7:00 起床

ホテルの部屋でストレッチングをしたり、身体を動かしてすっきり目覚める。

ホテルのレストランへ行き、バイキングの朝食をとる。

8:00

ホテルの部屋に戻ってくつろぐ。

9:00

前日のミーティングで渡された対戦相手のデータを見てプレーをイメージする。

10:30

用意して出掛ける。

11:00

試合会場近くにすむ大学生時代の友人と食事。

試合で全国各地に行くので、時間的な余裕があれば、友人や知人と昼食や夕食を共にすることもある。

12:30

ホテルに戻ってユニフォームに着替える。

13:00

チームのメンバー揃ってチェックアウト。バスで試合会場へ向かう。

13:30

試合会場到着。ウォーミングアップ開始。

14:30

試合前のミーティング。

15:00

試合開始。

17:00

試合終了。マスコミ取材を受けた後、シャワーを浴びて着替える。

18:30

試合会場を出発して最寄駅へ。

19:30

新幹線に乗る。車内でお弁当が渡されるので食べる。

22:00

駅到着。電車とタクシーを利用して寮まで帰る。

23:00

寮に到着。お風呂に入った後、就寝。