男子バレーと女子バレーの違い

ネットの高さと最高到達点の違い

男子バレーと女子バレーでは、ネットの高さに約20cmの差があります。高校生以上の男子は2m43、高校生以上の女子が2m24です。

最高到達点は、Vリーグの女子選手の平均が約2m90〜95、男子選手の平均が約3m30といわれています。

バレーボールの選手がスパイクを打つと、女子選手でネット上の約70cm、男子選手でネット上の約80cmからボールが打ち込まれることになります。

最大の違いはラリーが続くかどうか

男子と女子、それぞれの試合を見ていると、たいていの人が気づく最大の違いは、ラリーが続くかどうかでしょう。

男子の試合では、スパイクがネット上80cm前後から打たれます。スピードは時速150km以上といわれ、スパイクの70%以上が決まるといわれています。

高さ、パワー、スピードに優れた男子選手のスパイクは、たいてい一発で決まり、拾ってスパイク、また拾ってスパイクというようにラリーの応酬になることが少ないのです。

女子のスパイクの半分はレシーブされる

それに比べて、女子のスパイクは、時速が130km前後といわれます。

女子の全日本チームで、実力は、男子高校生の全国大会出場クラスと互角で、スパイクの威力も男子のVリーグクラスと比べてずいぶん劣ります。

そのため、スパイクの半分くらいはレシーブされ、ボールが相手コートに返っていきます。レシーブのよいリベロがいれば、ラリーの応酬になることも少なくありません。

全日本女子の新戦術「ハイブリッド6」

全日本の女子チームは、近年、新しい戦術を導入しています。たとえば、「ハイブリッド6」と呼ばれる戦術は、攻撃時にポジションを固定せず、誰もがどんなポジションもこなすというものです。

この戦術は、スパイクを一発で決めるスーパーエースがいて、高い打点やバックアタックをバンバン打ち込んでくる男子バレーでは考えられないものです。