登録販売者の仕事内容

薬事法改正で誕生した新たな資格

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などにおいて、特定の医薬品を販売する際に必要となる資格であり、その資格を持って働いている人のことをいいます。

登録販売者という資格は、2009年6月施行の薬事法改正によって誕生した比較的新しいものです。

もともと、かぜ薬や鎮痛剤といった一般用医薬品を販売する際には、国家資格である「薬剤師」が必要とされていましたが、この薬事法改正により、登録販売者も一部の一般用医薬品を販売できるようになりました。

なお、登録販売者が販売できるのは、一般用医薬品のうち「第2類」および「第3類」に分類されるものです。

これらの医薬品を販売しようとするドラッグストアや薬局は、販売する種類の医薬品によって、必ず登録販売者あるいは薬剤師を置くことが法律によって義務付けられています。

一般用医薬品のインターネット販売を行う場合にも、薬剤師または登録販売者が常時配置されている必要があります。

薬剤師との違いは?

薬剤師と登録販売者には、大きく分けて2つの違いがあります。

処方箋に基づく薬の調剤の可否

病院などで医師によって出された処方箋を基に、薬を調剤できるのは薬剤師のみとなっています。

第1類医薬品の販売可否

一般用医薬品のうち、「第1類」に分類される薬を販売できるのは薬剤師のみとなっています。薬剤師は、第1類、第2類、第3類すべての一般用医薬品の販売が可能です。

薬剤師の仕事

勤務先・活躍の場

登録販売者の主な活躍の場は、一般用医薬品を販売している薬局やドラッグストアとなります。

このほか、近年ではスーパーやコンビニ、大型家電量販店など、さまざまな店舗で一般用医薬品を販売し始めており、登録販売者の活躍の場は以前にも増して広がっています。

登録販売者には、薬剤師に次ぐ医薬品のスペシャリストとしての活躍が期待されています。

資格を持っていれば全国どこでも働くことが可能となり、今後も需要の拡大が見込まれる職業のひとつだといえるでしょう。