有名な陶芸家

歴史上の陶芸家

現在私たちが使っている焼き物の原型となる「土器」は縄文時代から作られていたわけですから、日本における焼き物の歴史はとても長いものとなります。

そんななかでも特に、千利休が伝えた茶の湯の流行とともに茶碗や水差しなどの器が求められるようになった安土桃山時代からは、美しい焼き物が人々に愛でられるようになりました。

この時代を代表する陶芸家が、京都の長次郎です。

ろくろを使わず手で作り上げた独特の形が印象的な「楽焼」の創始者であり、日本の陶芸の歴史を作った一人だといわれています。

さらに、江戸時代になると、佐賀県の有田地方の酒井田柿右衛門が、色や模様をつけた色絵磁器を作る製法を完成させます。

こうして作られた色絵磁器はヨーロッパに輸出されて、日本の文化を伝える貴重なものにもなりました。

また、18世紀になるとこのような磁器の製造技術が日本各地に広がっていったため、京都や久谷や砥部など、全国で磁器が作られるようになりました。

人間国宝になる人も

現代においても、たくさんの陶芸家が美しい作品を作り出すために日々努力をしています。

しかし、陶芸家という職業は資格や免許が必要なものではないので、趣味の延長として陶芸をしている人がたくさんいるのも事実です。

そのため、プロフェッショナルとアマチュアの境界線を引くのがとても難しい世界です。

そんななかで、抜群の腕前を持ち、日本の伝統的な技を伝える貴重な人材として誰もがその実力を認めざるをえない、プロフェッショナル中のプロフェッショナルといえるような陶芸家がいます。

それが「重要無形文化財保持者」いわゆる「人間国宝」として認定された陶芸家たちです。

たとえば、民芸陶器の濱田庄司さんは、近現代の日本を代表する陶芸家の一人として知られており、記念館も作られています。

十四代酒井田柿右衛門も、美しい色絵磁器を作り出す人間国宝として名を馳せました。

最近では、色絵磁器の陶芸家である十四代今泉今右衛門さんが51歳という若さで人間国宝に認定され、注目を集めています。

人間国宝ともなると、その作品にも非常に高い値がつけられるようになり、世界中のコレクターが作品を求めるようになります。