陶芸家の現状と将来性

焼き物の厳しい現状

「焼き物」は、昔はどこの家庭にも当たり前のようにあるものでした。

花瓶であったり、急須や湯飲みであったり、お茶碗であったり、来客用のお皿であったり…さまざまな場面で焼き物の器が活躍していたのです。

そして使っていくうちに欠けてしまった部分があれば修理をして、長い間大切に使い続けるというのが日本人のスタイルでした。

ところが、軽くて割れないプラスチックやメラミンなどの新しい材質の食器が流通するようになると、そうした生活スタイルは大きく変化します。

扱いに気をつけなければいけない焼き物よりも「割れないもの」「壊れたらすぐに捨てられるもの」を重視して、日常的にプラスチックやメラミンの食器を利用する人も増えました。

さらに、外国産の安い器が輸入されるようになり、ディスカウトショップで非常に安い値段で手に入るようになったことも、焼き物の売り上げにも大きな影響を及ぼしています。

このような時代の変化があるため、陶芸家のなかには売り上げが伸びず苦労している人は少なくありません。

今後、若い人たちにも焼き物の魅力を伝えていくにはどうすれば良いのか、頭を悩ませながら、今はたくさんの陶芸家たちが奮闘しています。

厳しい試練はたくさんありますが、そのぶん大きなやりがいや挑戦のしがいがある職業であることは間違いないでしょう。

新たな働き方のスタイルも

厳しい状況がある一方で、陶芸家の働き方の選択肢は大きく広がっています。

製造工程のなかで機械をうまく取り入れることで体力仕事を減らすことができるようになったので、女性やお年寄りなど体力に不安がある人でも仕事がしやすくなりました。

さらに、材料を全国から手に入れることができるようになったので、焼き物の産地とされている土地から遠く離れた場所でも工房を開くことができるようになりました。

作品を売る際にもネットショップを使えばよいので、店舗を持つ必要もありません。

自分の暮らしたい土地で自分のペースで仕事をし、ネットを使って自力で宣伝し販売することができるのです。

自分のアイディアを使ってどんどん挑戦してみたいという人にとって、さまざまな可能性に満ちた未来が広がっています。