スタイリストになるために勉強すること

ファッションの基礎から学ぶ

スタイリストになるためには、ファッションの基礎からスタイリングのテクニック、ファッションビジネスの成り立ちや仕組みまで幅広く学ぶ必要があります。

たとえばファッションの歴史にはじまり、服の構造、テキスタイルや裁縫、アイロンがけ、すそ上げ、靴の底張りなど、スタイリストとして働くうえで基礎となる知識と技術を身につけることが不可欠です。

雑誌や広告、CMなどの現場では、ニーズに応じて臨機応変に動かなくてはなりません。

ソーイング技術の習得などを通じて、それらに対応できる土台となるスキルを身につけていきます。

また、トレンドについて分析したり、ファッション業界の仕組み、さまざまなブランドの位置づけ、カラーコーディネート、効果的なディスプレイなどについても勉強しておくことで、後々その知識が生きてくる場面もあるでしょう。

表現するための力を身につける

スタイリストは、撮影やイベントの目的に沿ったうえで、スタイリング対象者の魅力をより引き出すために「こうしたい」という姿をイメージすることが大切ですが、その先には思ったことを「表現」できなくてはなりません。

このような力は実践を通じて身につくところが大きいため、専門学校ではファッションショーの企画や構成をしたり、さまざまな撮影現場を想定した実習がたくさん用意されていることが多いです。

コーディネートの基礎を学んだうえで、実際に撮影を行ってみるという訓練を積み重ねることで、応用力が身につくでしょう。

実務に即した勉強

スタイリストのアシスタントになれば一番に覚えることですが、服のリースや返却の仕方、タグ処理、アイロンがけなど、実際のスタイリストワークについての勉強も必須です。

即戦力として活躍するために、学校でもより現場に近い形で勉強ができるチャンスを設けている場合もありますが、それだけで完璧とはいえません。

いざ現場に出てからも勉強し続ける気持ちが大切だといえるでしょう。