ソムリエのやりがい・楽しさ・魅力



ソムリエのやりがい・楽しさ

地味な仕事をいかに楽しむか

ソムリエの仕事というのは、一流レストランやホテルなどでお客さまをもてなす華やかでかっこいい職業に見えるかもしれません。

けれども実際は、地道な努力や見えない部分での地味な作業などもたくさんあるのがソムリエの仕事です。

たとえば、ワインの在庫管理や仕入れ作業、ワインの保存管理、ワインセラーの清掃、最新のワイン情報の収集や勉強などもソムリエの仕事の一環です。

お客さまの前でサーブする場面よりも、実はこうした裏方のような仕事のほうが多いのがソムリエの実情です。

こうした部分にいかにやりがいを感じることができるかが、一流のソムリエになれるかどうかの分かれ目といってもよいでしょう。

お客さまのために働く

とはいえ、ソムリエとしてやりがいを感じるのはやはりお客さまへのもてなしがうまくいったときでしょう。

おすすめしたワインをお客さまが喜んで飲んでくれたとき、お客さまにとっての最高の思い出を作るサポートができたとき、ソムリエとして働いていて本当によかったと感じるはずです。

ただ、こうした喜びを感じるためには、日頃の努力と地道な作業の積み重ねが必要不可欠です。

細かな配慮でお客さまを笑顔に

一流のソムリエというのは、その日の気温や湿度、お客さまの体調なども考慮してワインを提供するといわれています。

味覚というのは人それぞれであり、気温、湿度、体調によっても変化するとされています。

こうした細かな部分にまで配慮したうえで提供したワインをお客さまが笑顔で飲んでくれたときもまたソムリエとしての喜びを感じることができるでしょう。

ソムリエとしての心構え

ソムリエというのは、ワインに関する知識や技術をお客さまに披露するための仕事ではなく、磨きに磨いた技術や知識を持ってお客さまに最高の時間を提供するための仕事です。

そこにいかにやりがいを見出せるかどうかが、ソムリエとしての本質を決めるともいえるでしょう。

ソムリエの仕事内容

ソムリエの魅力

サービスと幸せを提供する仕事

ソムリエは、ワインに関する知識やお客さまをもてなすための技術が必要な仕事です。

そんなソムリエの仕事の一番の魅力は、お店に来たお客さまにその場を最高に心地よく幸せな空間に感じてもらうためのサポートができるという点でしょう。

自分が提供したサービスでお客さまが喜んでくれた瞬間の嬉しさは何ものにも代えがたいものがあるはずです。

お客さまの笑顔を見ると疲れが飛んでいくというソムリエも多くいます。日頃の地道な勉強や作業は、すべてこうした時間のためのものともいえます。

お客さまにとって特別な存在

ワインについてだけいえば、今ではいつでもどこでも購入することができる商品です。

実店舗だけでなく、インターネットなどでも購入可能な商品がいくつもあります。

それだけワインは多くの人にとって身近な飲み物となってきています。

そんな時代だからこそ、ソムリエという仕事に注目が集まっているともいえます。

家でワインを気軽に楽しむのもよいけれど、時には格式のあるレストランなどでソムリエにもてなしてもらってワインを楽しみたいと考える人も多いでしょう。

そうしたお客さまにとってソムリエは特別な存在に感じられることもあるはずです。

こうしたお客さまの期待に応えるのもソムリエの仕事の一環です。

接客の中で感じるやりがい

ソムリエは常に勉強し続ける必要がある仕事です。それに加えて日常的な業務も怠ることはできませんので、とても忙しい仕事です。

こうしたなか、お客さまにワインをもてなすサーブの時間というのはソムリエにとってとても大切な時間です。

本などでは学ぶことができない知識や情報がそこにはあります。

お客さまと接する中で励ましをもらったり、お客さまに教えられたりすることもあるでしょう。

こうしたお客さまとのやりとりもソムリエの仕事の魅力の一つです。

好きなワインを極められる

そして何といってもソムリエの仕事には、自分の好きなワインを極められるという魅力もあります。

ワインはとても奥が深く、学べば学ぶほど魅了されていくものです。

好きなものを追究していけるというのはとても素晴らしいことです。

さらには、ワインの種類や味について知るだけでなく、そのワインにあった料理について知ることもソムリエの仕事をする上では非常に大切です。

好きなワインの知識だけでなく、食に関連した幅広い知識を身につけられるのも、ソムリエの仕事の魅力だといえます。