ソムリエの需要・現状と将来性



ソムリエの現状

ソムリエは、ワインを提供するホテルやレストランで求められる職業です。

一般的に、ワインに関する業務のみをおこなう専任のソムリエを置いているのは、高級感のあるお店です。

したがって、給与もお店のランクにふさわしいものになるので、格式高いレストランなどに就職すれば、ある程度の収入や待遇は保証されるはずです。

一概にはいえませんが、平均的なサラリーマン程度の給与は見込めるでしょう。

しかし、1軒の飲食店に求められるソムリエはせいぜい数人程度なので、資格を取得したからといって必ずソムリエ専任の職に就けるとはかぎりません。

まずは専任のソムリエを置いていないレストランやビストロに就職し、ホール業務や調理補助を兼任しながらソムリエの経験を積む人が多いです。

ワインや接客が好きな人にとっては非常にやりがいを感じる職業ですが、業務量が多く勤務時間が長いことにつらさを感じるソムリエもいます。

ただし、経験や実力がついてくると、独立や開業といった道も見えてくるため、給与や待遇も満足するものとなるでしょう。

ソムリエの需要

一つの店舗で雇われているソムリエの人数は基本的に多くないため、大口の求人はあまり実施されていません。

ただし、一定の需要は確実にあります。

たくさん必要ではないけれどいないと困る職業であり、経験豊富なソムリエ自体も少ないためプロフェッョナルが求められている、というのが現状です。

求人サイトや求人情報誌などでも、ソムリエの募集は常におこなわれています。

また、ソムリエとしての募集はなくても、ワインを扱っているレストランやビストロにおけるスタッフ募集の求人は数多くあるので、未経験からワインを学ぶチャンスは多いといえます。

ただし、勤務地が都市に集中するため、地方だとなかなか就職先が見つからないケースもあります。

ソムリエの将来性

いまやワインは身近な飲み物として、たくさんの人に親しまれています。

ワインを日常的に楽しむ文化は日本でも定着したといえます。

一般的な生活レベルの人でも、ちょっと贅沢な気分に浸りたいときなどは、ワインが飲めるお店に足を運びます。

マンガやドラマなどでソムリエやワインをテーマにした作品もありますし、日本人にとってワインはもはや特別な飲み物ではないでしょう。

そのため、ソムリエという職業も、格式高いホテルやレストランでスマートに立ち振る舞い、高級ワインを提供する役割にとどまらず、どんな人でも気軽にお酒を楽しむお手伝いをする立場として、重要な位置を占めるようになっています。

最近はワインバーと呼ばれるワインを主体としたバーの人気も高く、ソムリエの存在価値は今後ますます高まっていくはずです。

ソムリエの今後の活躍の場

ソムリエとして経験を積んでいくと、キャリアアップを考える人も多くなります。

名のあるソムリエとして活躍するには、コンクールに出場してよい成績を収めるのが最大の近道です。

ソムリエのコンクールは国内外で開催されており、実技やブラインド・テイスティング、理論やビジネスに関する筆記試験などにより、ワインの知識とサービススキルを競います。

コンクールで優秀な成績を収めると、テレビ出演や講演会に呼ばれる機会が増え、ソムリエとしての名声が高まります。

雑誌のコラムの連載や書籍の出版、ワイン会の講師などのオファーが来ることもあり、活躍の場がますます広がります。

ワインが多くの人に親しまれるようになったいま、ソムリエが経営するレストランやバーの人気も高まっています。

飲食店のいちスタッフにとどまらず、独立・開業をして自分の店舗で活躍するソムリエも今後は増えてくるでしょう。