ソムリエになるには? 必要な資格は?

ソムリエになるまでの道のり

ワインの本場フランスでは、ソムリエは国家資格です。

つまり、フランスでこの職業に就くことができるのは、日本でいう医師弁護士のように、特定の資格を持っている人に限られます。

しかし、日本でソムリエをめざす場合、かならずしも免許や資格をもっている必要はありません。

たとえ特別な資格を持っていなくても、勤めているレストランなどからソムリエの仕事を任せられた時点で、すでに立派なソムリエといえます。

とはいえ、資格はスキルアピールや自分自身の勉強にもなるため、持っていて損はありません。

ソムリエになる人の多くは、高校を卒業した後に大学や短大、調理師学校などの専門学校に進み、飲食店へ就職して実務経験を積みながら資格取得を目指します。

ソムリエになるまでのルート

ソムリエの資格・難易度

ここからは、日本国内で取得可能なワインに関する資格を認定団体ごとに紹介します。

いずれも民間団体の認定資格です。

日本ソムリエ協会認定資格

「日本ソムリエ協会(JSA)」が認定する資格です。

一般的にソムリエの資格といって思い浮かぶのがこれでしょう。

合格するとソムリエの象徴ともいえる、金色のブドウ型のバッジがもらえます。

資格の種類として「ソムリエ」、「ソムリエ・エクセレンス」の2種類があります。

このうち、「ソムリエ」の資格試験からチャレンジすることになりますが、受験資格を得るためには飲食サービス業での業務を規定の期間(通算3年以上、協会会員は2年)経験する必要があります。

合格した上でさらに経歴を重ねると(通算10年以上)、「ソムリエ・エクセレンス」を受験できるようになります。

これらの資格は、ソムリエとして飲食店などで勤務したい人を対象としたものですが、JSAでは他にもワインに関する資格として、ソムリエの受験資格に満たない人や一般愛好家向けの「ワインエキスパート」という試験も実施しています。

参考:日本ソムリエ協会

全日本ソムリエ連盟認定資格

「全日本ソムリエ連盟 (ANSA)」 が認定する資格です。

「ソムリエ」、「ワインコーディネーター」の2種類がありますが、これらは決められた講習を受ければ、実務経験は問われません。

資格の認定には、会場で試験対策講座を受けてからすぐに受験できるコース、自宅で学習可能な在宅コース、添削などのサポートが受けられる通信コースのいずれかを受講します。

日本ソムリエ協会主催の「ワインエキスパート」にあたる、ワイン一般愛好家向けの「ワインナビゲーター」という資格もあります。

参考:全日本ソムリエ連盟

ソムリエの試験の難易度・合格率

ソムリエになるための学校の種類

ソムリエになるために必ず通わなければいけない学校はなく、実務によって経験を積みながらワインの知識を学んでいく性質が強い職業です。

しかしなかには、将来を見据えて調理系の学校や観光系の専門学校へ進む人もいます。

調理師専門学校や調理コースのある高校・大学では、ワイン専門の学科はほとんどないものの、いろんな分野の料理を学ぶため、ワインのペアリングに役立ちます。

また、ソムリエの多くはホテル内にあるレストランに勤務しているため、ホテル業やおもてなしについて学べる観光系の学校に進学すると、就職活動だけでなく就職後の業務にも生かせるでしょう。

調理系や観光系の専門学校に通う場合、年間100〜200万円ほどの学費が必要です。

民間のスクールや通信講座のなかにも、ソムリエ資格の試験対策をおこなっているところがあります。

2か月〜1年かけてワインの基礎知識やテイスティングのコメント力などを習得し、ソムリエ資格試験に臨みます。

ワインスクールや通信講座で学ぶ場合は、5〜15万円ほどの受講費が必要です。

ソムリエになるための学校・スクール・通信講座の種類・費用

ソムリエに向いている人

ワインが好きな人

ソムリエはホテルやレストランに来店されたお客さまにワインを提供する仕事なので、ワインが好きでなければ務まらないでしょう。

ソムリエの資格試験にテイスティングが課されているように、ワインを実際に口にすることでぶどうの品種や産地を学ぶことになります。

また、幅広く奥深いワインの知識が必要となるため、ただ飲むのが好きなだけではなく、ワインに強い関心をもち、探究心がある人が向いているといえます。

人を喜ばせるのが好きな人

ソムリエはワインの知識を持った専門職である一方で、お客さまと関わる接客業でもあります。

ワインの知識をたくさんもっているだけではソムリエとは呼べず、ワインを通してお客さまに喜んでもらわなければいけません。

そのため、人と接するのが好きで、おもてなしの心を持っている人はソムリエの適性があるといえます。

ソムリエに向いている人・適性・必要なスキル

ソムリエのキャリアプラン・キャリアパス

多くのソムリエは、ホテル内のレストランやバーなど一般的に高級とされる飲食店で働いています。

なぜなら、小さなレストランでは、シェフやウエイターが幅広い業務をこなすため、ソムリエ専任の仕事が発生しづらいからです。

資格を取得してもソムリエとして就職できるとは限りません。

経験が必要な仕事のため、未経験の状態でソムリエ専任として就職するのは困難です。

そのため、まずは飲食店に接客係として就職する人も多いです。

働くなかでソムリエの上級資格の取得を目指すこともできますし、ソムリエ業務もこなせるシェフやウェイターになる、という選択肢もあります。

実務経験を積んでソムリエになった後のキャリアパスとしては、よりグレードの高いレストランやホテルへ転職する人もいれば、飲食店や個人向けに最適なワインを提供するワインコンサルタント、ワイン評論家、セミナー講師などになる人もいます。

飲食店に勤務する以外にも活躍の場は広がっていくといえるでしょう。

ソムリエを目指せる年齢は?

ソムリエはワインを扱う仕事なので20歳以上である必要がありますが、それ以外の制限はとくにありません。

ソムリエ資格試験を実施している日本ソムリエ協会、全日本ソムリエ連盟いずれの場合も、20歳以上であれば年齢に関係なく受験可能です。

いくつになってもソムリエを目指すことはできますが、基本的に体力仕事なので、まったくの未経験から実務に入るのであれば、できるだけ若いほうがいいかもしれません。

とはいえ、30代や40代であっても意欲さえあれば不可能ではありません。

飲食業で働いたことのある人や、接客の経験がある人であれば、ソムリエとして採用される可能性も高くなります。

女性のソムリエ

女性の場合はソムリエではなく、「ソムリエール」という呼称になります。

実際にソムリエールという単語が存在しているように、女性にも十分務まる職業です。

ソムリエ、ソムリエールの一番の仕事は、お客さんに最高の食事シーンを提供することです。

お客さまとの自然な会話のなかから最適なワインを選び、ワインをよりおいしく味わえる料理をすすめ、快適な空間を作り出す役割があります。

一般的におもてなしや気づかいが得意とされる女性に向いている職種ともいえるはずです。

女性のソムリエ(ソムリエール)のキャリアパス・結婚後の生活