ソムリエの1日のスケジュール・生活スタイル



ソムリエの業務スケジュール

開店準備

基本的には、勤務先の飲食店の開店時間よりも数時間早めに出勤します。

店によってだいぶ違いはあるでしょうが、たとえばレストランなら昼頃の開店が多いようです。

出勤したらワインセラーの温度や湿度を確認したり、ワイングラスを磨いたり、店内の掃除をしたりといった開店準備をおこないます。

店によっては昨日の売上や今日の予算確認、ワインの販売計画をソムリエに任せていることもあります。

予約客や店の日替わりメニューがある場合には、料理にあわせてその日に出すワインを事前に考えておく必要もあるでしょう。

お客さんが来店する

お客さんが来店するのは、ランチタイムとディナータイムが中心です。

来店客に食前酒として最初のワインを提供するのは、ソムリエにとってもとくに重要な役目のひとつです。

必要があれば、あわせて料理の紹介や提案もおこないます。

食事が始まってからも、肉料理や魚料理の前にはメインとなるワインを、食後には食後酒をすすめる仕事があります。

また絶えずお客さんの様子に気をくばり、快適な空間を提供することが求められます。

その間にも、タイミングを見計らって自分の食事をとったり、来店したワイン業者の対応をおこなったりします。

閉店準備

来店客がすべて帰ったら、その日の営業は終了です。

開店前と同じようにワイングラスを磨いたり、ワインセラーの調整をしたり、掃除をしたりします。

またワインの在庫を確認し、必要があれば発注作業もおこないます。

これも店によってさまざまですが、ワインを出すレストランなどは夜まで営業していることが多いので、遅ければ日付を越えてから帰宅する場合もあるようです。

ソムリエの1日の流れ

次に、ソムリエの1日の流れについて、勤務先ごとの詳細なスケジュールを見ていきましょう。

レストラン、ホテル、ビストロいずれの場合も、ワインを提供する部分は変わりませんが、働く時間帯や細かい業務内容には違いがあるようです。

ディナータイムに働くソムリエの1日

レストランで働くソムリエのなかには、シフト制で勤務する人もいます。

ここでは、レストランのディナータイムに働くソムリエの1日をご紹介します。

15:00 出勤
ソムリエも調理師パティシエと同じように、ディナータイムが始まる数時間前に出勤します。
15:15 開店準備
ワイングラスの状態を確認しながら磨いてきれいにしたり、ワインセラーの温度や湿度をチェックしたりなど、開店準備をおこないます。
16:00 ワインリストの作成
調理師と相談しながら当日の料理と相性のよいワインを選定し、販売計画を立てます。

予約のあるお客さまの来店目的なども考慮し、ワインリストを作成します。

17:00ディナータイム開始
ディナータイム前に制服に着替え、来店したお客さまへ食前酒として最初のワインを提供します。

ワインを注文するお客さまと会話をしながら、好みや来店目的、当日の料理に合った最適なワインを提供します。

21:00 休憩
お客さまが少なくなったタイミングを見計らって休憩をとり、まかないを食べます。

食事をとり終わったらすぐにホールへ戻ります。

23:30 営業終了
その日に使用したワイングラスを磨き、破損がないかチェックします。

必要があればワインの発注業務をおこない、着替えて退勤します。

ホテルレストランで働くソムリエの1日

ソムリエは、レストランでお客さまへワインを提供する以外に、輸入業者との商談へ出向いたり、試飲会へ参加して新しいワインを仕入れたりする仕事も担います。

ホテルレストランで働く専任ソムリエの1日をご紹介します。

9:00 出勤、取引先の対応
ホテルへ出勤し、電話やメールで生産者や取引先の対応をおこないます。

ソムリエはワインの品質を確認するために生産者のもとへ出向くこともあり、日程の調整や営業担当とのやりとりも仕事の一つです。

10:00 ランチタイムの開店準備
ランチタイムに向けて、ワインセラーの在庫を確認したり、ワイングラスを磨いたりします。

当日の料理に合ったワインを選び、メニューボードにリストを書きます。

11:30 ランチタイム開始
ランチタイムが始まったら、ワインを注文するお客さまのテーブルにつき、会話をしながら味の好みやその日の来店目的を訪ねます。

お客さまの希望をふまえたうえで、その日の料理に合った最適なワインを提案し、グラスへ注ぎます。

15:00 ランチタイム終了、打ち合わせ
ランチタイムの終了後は、サービス部門やマーケティング経理などの担当者と打ち合わせをします。

ワインの売り上げや仕入れの状況、今後の買い付け予定などについて話し合います。

17:00 ディナーの開店準備、休憩
ディナータイムに向けて、ワインの在庫確認やグラスのチェック、ワインリストの作成などの準備をおこないます。

準備が一通り終わったら、オープン前に休憩をとります。

18:00 ディナータイム開始
ディナータイムの営業時もランチタイムと同じように、お客さまにぴったりなワインを提供していきます。

ランチよりもワインを注文するお客さんが多いため、空いたグラスがないか、お客さんがアイコンタクトを向けていないか、常に注意を払う必要があります。

23:00 ディナータイム終了、退勤
ワイングラスを磨き、在庫確認をおこないます。

明日の営業に向けた発注業務が終わったら、着替えて退勤します。

ビストロで働くソムリエの1日

最後に、ビストロで働くソムリエの1日をご紹介します。

ビストロはレストランよりも大衆的なので、ソムリエは専任ではなくホール業務と兼任して働く場合が多いです。

15:30 出勤
ソムリエはホール業務専任のスタッフとは異なり、オープンの数時間前に出勤します。
15:45 開店準備、メールチェック
ワインセラーの調整やワイングラスに破損がないかの確認、在庫チェックなどの開店準備をおこない、取引先の輸入業者とメールでやりとりをします。
16:30 ワインリストの作成
シェフと相談しながらその日の料理に合ったワインを選定し、ワインリストを作成します。
17:30 ディナータイム開始
兼任のソムリエは、ソムリエの仕事とホール業務の両方を担当します。

ワインを注文するお客さまの希望を聞いてワインを提供するほか、オーダーを取る、料理や飲み物を運ぶ、お皿を下げるといったホールの仕事もこなします。

21:30 休憩
お客さんの来店状況を見ながら、ほかのスタッフと交代制で休憩に入り、食事をとります。
23:00 ディナータイム終了、退勤
ディナータイムが終わったら、ほかのホールスタッフとともに店内の片付けや清掃をおこないます。

ワインセラーを確認し、在庫が少ないワインの発注業務をした後、着替えて退勤します。

ソムリエの勤務時間・休日