手話通訳士になるには

まずは手話技術の習得を 手話通訳を行うには、まず基本的な手話技術を習得する必要があります。 英語の学習に例えると、英単語や英文法を習得し、英会話をできるようになるまでの実力をつけるということです。 これは独学でも可能です … 続きを読む

手話通訳士向いている人、適性

相手の気持ちを考え、行動できる人 手話通訳士は、多くの人と関わり合いながら、聴覚に障害を持つ人のコミュニケーションを手助けしています。 仕事をする上では正しい手話技術が使えることはもちろん必要ですが、何より大切なのは常に … 続きを読む

手話通訳士の需要、求人、採用募集の状況

「手話通訳士」そのものの募集は少ない 手話通訳士を本業として安定した収入が得ることは、非常に難しいといえます。 基本的に手話通訳士そのものの求人募集はほとんどなく、多くの手話通訳士は社会福祉法人や社会福祉協議会、市役所な … 続きを読む

手話通訳士の資格

手話通訳士(公的資格) 手話通訳に関連する資格は複数あり、そのうち厚生労働省が認定する公的資格が「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」です。 ボランティアで手話通訳を行う人は多数存在しますが、年1回開催される本試験に … 続きを読む

手話通訳士の試験の難易度・合格率

手話通訳技能認定試験とは? 厚生労働省が認定する「手話通訳技能認定試験」は、別名「手話通訳士試験」とも呼ばれており、手話通訳に関する数ある資格の中では最も難易度が高いものとして知られています。 試験は年に1回実施され、学 … 続きを読む

手話通訳士に必要なこと、求められること

高い手話の技術を持っていること 手話通訳士に手話の高度なスキルが求められるのはいうまでもないでしょう。 手話通訳士は手話での会話が問題なくできた上で通訳する技術が必要であるため、基本はもちろん、高度な手話のスキルが必要な … 続きを読む

手話通訳士の養成講座

試験を突破しなければ手話通訳士にはなれない 手話通訳士の資格を取得するためには、「手話通訳技能認定試験」に合格し、聴力障害者情報文化センターに登録されることが必要です。 この試験は合格率が20%前後とかなり難関であるため … 続きを読む

独学で手話通訳士になれる?

手話通訳士の試験は超難関 手話通訳士の試験は満20歳以上ならば誰でも受験することができますが、その合格率は20%前後と非常に低く、手話通訳士になるのは極めて難関であるといわれています。 したがって、生半可な気持ちでは合格 … 続きを読む

アルバイトの手話通訳士

ボランティア的要素が強い 手話通訳の仕事自体、自治体の予算が足りないため、各種講習会を修了した上級者にボランティア(無償)として働いてもらう、という形態が大半であるのが現状です。 したがって、手話通訳のアルバイト募集は極 … 続きを読む

派遣の手話通訳士

手話通訳士のほとんどが派遣で収入を得ている 手話通訳士は、現状、残念ながら常勤で働くことがほとんどできないと考えていいでしょう。 耳の不自由な方でも、安心して生活ができるように、公的施設などを中心に手話通訳士を常勤させよ … 続きを読む

兼業、副業としての手話通訳士

本業にするのは難しい職業 各自治体で働く手話通訳者の給料は、大体一件の依頼につき5,000円前後です。 多くの依頼を受ける人であっても、せいぜい月7〜8万円程度にしかならないため、手話通訳者のほとんどが他に本業を持ってい … 続きを読む