消防士の勤務時間・勤務体系・休日

消防士の勤務時間は?

消防士の勤務時間は、各自治体の勤務体系によってさまざまです。

しかし、共通しているのは、消防士は一般的な公務員と異なり、緊急の通報があれば24時間いつでも出動しなくてはならないということです。

そのため、多くの場合では「24時間勤務」と「非番」を繰り返す勤務時間となっています。

ただ、他の職種の公務員と同じく、8時半に出勤して17時半には署を出るというケースもしばしばあり、やはり一概にはいえません。

自分が働きたいと考える自治体の消防署ではどんな勤務体系をとっているのか、まずは調べてみるとよいでしょう。

消防士の勤務体系は?

消防士の勤務体系は「2部制」「3部制」「毎日勤務」の3パターンに大きく分けることができます。それぞれの勤務体系を詳しくご紹介しましょう。

2部制

2部制とは、「24時間勤務→非番→休日→24時間勤務→…」のルーティンで行う交代勤務を指します。この形をとっている消防本部が最も多いようです。

24時間勤務の後の非番では残業が発生することもしばしばですが、基本的には自宅や寮に戻って体を休めることができます。また、非番とは別に休日もシフト制で割り当てられます。

なお、よく誤解されがちですが、非番とは完全に休みという意味ではありません。何かの事態で出動を余儀なくされることもあります。

3部制

3部制とは、「日勤・当番・非番」に分かれる交代勤務を指します。

日勤は朝から夕方までの勤務となり、基本的にデスクワークになります。当番の日は24時間勤務で、2部制と同様に仮眠や休憩を挟みます。

当番の翌日は休みとなりますが、当番の曜日については基本的に週ごとに変わるため、休日の曜日も週によって異なります。

毎日勤務

毎日勤務は基本的には「8時半から17時半まで」の間に働く形式です。24時間通報を受けて出動する消防署では毎日勤務を採用しているケースはあまりなく、基本的にはデスクワークの消防庁の本庁で見られます。

また、災害に対する建物の安全性を厳しくチェックする予防業務をおもに行う職員は、この毎日勤務制が適用されることが多いようです。

毎日勤務の場合は週休2日制となり、一般の会社と同様に土日が休みとなります。

消防士数別勤務体系の内訳23のグラフ