診療情報管理士と医療事務の違い

資格の違い

診療情報管理士には診療情報管理技能認定試験があり、これに合格することで診療情報管理士という民間資格が取得できます。

受験資格を得るには、日本病院会の指定校(専門学校、大学)を修了するか、日本病院会主催の通信教育を受講する必要があります。

それに対して、医療事務にはさまざまな団体による多くの資格があります。

その中でも、財団法人日本医療教育財団の医療事務技能審査試験が有名です。別名メディカルクラークと言い、1級と2級があります。

唯一の公的認可資格は、日本医療保険事務協会認定の「診療報酬請求事務能力認定試験」です。診療報酬計算は、医療事務を志す人にとっては不可欠です。

さらに言えば、それができないと就職先の選択肢が狭まります。

難易度は高い試験のようですが、取得していると就職に有利になり、かつ資格手当も付きやすくなります。

医療事務の仕事

業務内容の違い

診療情報管理士の業務は、主にカルテなどのデータ管理、病名のコーディング、データ調査・分析です。患者と関わることはほとんどなく、パソコン業務が多い裏方業務です。

医師や経営部門から依頼され業務をこなすこともありますが、必要があれば彼らに意見することもできる、国家資格を持たない事務職としてはある意味特殊な立場にあります。

医療事務は、受付や医師の業務補助で患者と接する機会があり、事務と言えども表に立つことが多い職種です。

受付回りや医師の庶務をこなす役割で、医療機関内では専門性が低いため、組織内での立場はあまり強いとはいえないでしょう。

待遇の違い

診療情報管理士と医療事務の大きな違いは、診療情報管理士は正社員として採用されることが多く、医療事務はパート職員や派遣社員、契約社員などの臨時職員が多いという点です。

給与面ではそれほど大きな違いはありませんが、福利厚生や安定性では診療情報管理士が大きくリードしています。

その反面、求人数については医療事務が診療情報管理士を大きく上回ります。

これは、診療情報管理専任者は各医療機関に1人配置されていれば診療報酬点数対象になる、という理由で雇用されることが多いのに対し、医療事務は実際に日々の業務をこなしていく人数が必要なためです。

しかし、安定した雇用環境で働きたいという人であれば、医療事務系の資格だけでなく、診療情報管理士資格を取得していると、正社員採用の選択肢が多くなるかもしれません。