司法書士に向いている人、適性

書類に関わる仕事

登記や裁判所の書類など、とにかく重要な書類に関わることが多い仕事です。

間違いをせずに正確に仕事をこなすことができる人は司法書士向きだといわれますが、司法書士の仕事は幅が広いため、これだけではありません。

司法書士になるだけでなく、信頼される司法書士として成功するための適性とは、どんなものでしょうか。

仕事の正確性と責任感

何よりも求められるのは、仕事に対する正確性です。

登記や裁判所の書類などに重大なミスがあると、そのまま重大な結果につながってしまうこともあるので、正確に書類を作成し、その書類を正確に取り扱うことができる人は司法書士向きといえます。

また、依頼された仕事を最後までちゃんとやり遂げるという責任感も重要です。

難しい仕事だから、苦手な仕事だからと途中で投げ出してしまうようでは信頼も得られず、次の仕事につながりません。

司法書士の仕事は特定の顧客と長い付き合いになることも多く、信頼を築くことは成功に欠かせません。

サービス業だと認識できる人

いわゆる士業は、依頼者や相談者から「先生」と呼ばれる仕事です。そのため、どうしても「仕事をしてやっている」という意識になりやすいものです。

しかし、士業は顧客あってのサービス業です。

顧客の要望、時には要望以上のものを形にして信頼を得るという意識を持てる人は司法書士としても成功できる資質があるでしょう。

近年では司法書士間の競争も起きているので、サービス業という意識は大きなポイントになりつつあります。

資格起業家を目指せる人

資格起業家という言葉は、比較的新しい言葉です。

士業だからと言って資格にあぐらをかくことなく、常に新しい業務やサービスを提供できないかと考える人のことを言います。

その結果、資格を活かして新しいサービスを展開して大きな成功を収めている司法書士も少なくありません。

資格職と言っても顧客がいなければ経営は成り立たないわけで、さらに顧客を獲得していくには新しいアイディアが必要になることもあるのです。