社会保険労務士と行政書士の比較

仕事内容の違い

社会保険労務士と行政書士は、なんとなく似ている職業としてイメージされることもあるようです。

どちらも国家資格をもって働く「士業」ですが、具体的な仕事内容や役割には違いがあります。

まず、社会保険労務士から見ていきましょう。

社会保険労務士は「保険や年金、労務管理のプロフェッショナル」として、それに関する書類作成や提出代行業務、コンサルティングなどに携わります。

雇用保険や健康保険、健康保険をはじめ、労働者の権利を保障する制度全般についての知識を有し、それに関するアドバイスや必要な手続きを支援します。

一方、行政書士はしばしば「書類作成のプロフェッショナル」ともいわれるように、おもに行政機関に対して手続きをする際に必要な書類を作成する仕事です。

具体的には、飲食店営業許可、会社設立許可申請、遺言書作成、交通事故示談書、会計帳簿など、幅広い種類の書類を作成していきます。

加えて、これらの書類手続きの代理も行います。

両者とも企業や個人などのクライアントから依頼を受けて、書類作成や提出手続きを行うという点では共通していますが、行政書士は「各種許可申請」、社会保険労務士の場合は「保険・年金・労務管理」といった分野が専門となります。

行政書士の仕事

働き方の違い

社会保険労務士は、一般企業の総務部や人事部、社会保険労務士事務所などへ就職して働く人もいれば、自ら独立開業して仕事をしている人もいます。

一方、行政書士の場合は、一般企業では「行政書士」という立場で活動することはできません。ほとんどが独立開業して自分の事務所をもつか、法律事務所に勤務することになります。

なお、両方の資格をもって仕事をしている人もいます。

どちらの資格を取得すべきか

社会保険労務士も、行政書士も、国家資格を取得するためにはそれなりの勉強時間が必要とされます。

予備校やスクールに通って勉強する人も多く、時間とお金をかけて学ぶ必要があるといえるでしょう。

どちらの資格を取るかは将来やりたい仕事によって変わってきますが、単に就職に有利ということを考えると、社会保険労務士のほうが適しているといわれます。

行政書士は独立開業が前提となるため、企業の社員として働きたいという場合は、社会保険労務士のほうが役立つと感じることがあるはずです。