スクールカウンセラーの一日

相談室が大切な拠点に

スクールカウンセラーとして働く人の多くが非常勤職員であり、週に1日か2日ほど、担当の学校へ出勤します。

終日の勤務だけではなく「午前中だけ」「午後だけ」などの勤務形態も多いので一日の過ごし方はさまざまですが、一般的なスケジュールとしてはこのようになります。

8:00~ 学校に出勤して、職員室で朝礼に参加する
8:30~ 相談室で生徒に関する資料を読み込む
10:00~ 発達障害児の担任の教師と話し合いをする
11:00~ 発達障害児の授業中の様子を見学する
12:30~ 休み時間を利用して発達障害児の心理検査を行う
13:30~ 昼食休憩
14:30~ 保健室登校の生徒の様子を見に行く
16:00~ 相談室を訪れた生徒のカウンセリングをする
17:00~ 勤務修了

学校に出勤した後は、主に相談室で過ごすことになります。

最近はこのような相談室を設置している学校が多いのですが、相談室がない場合は職員室や空き教室などの一角で過ごすことになるようです。

生徒との面談は、事前に予約が入っていることもありますし、フラッと相談に訪れた生徒の話を聞くこともあります。

教室や家庭を訪問することも

相談室での仕事の合間をぬって、教室に足を運ぶこともあります。

最近は発達障害の生徒も増えてきていますが、授業風景や他の生徒との交流の様子を見ることで問題の本質やサポートの方法を見抜けるケースもあるのです。

また、不登校や家庭内のネグレクト(育児放棄)の問題を抱える生徒に対しては家庭訪問をすることもありますし、教室に足を踏み入れられない、いわゆる「保健室登校」の生徒の様子を見に行くこともあります。

相談室で待つだけではなく、ときにはこのように積極的に外に足を運ばなければ、SOSが届かないこともあるのです。

残業は少ない傾向

スクールカウンセラーの場合、残業は少ない傾向にあります。

非常勤職員という立場で、給料も時給制であることが多いので、ダラダラと残業しなければいけなくなるような状況にはあまり陥らないのです。

ただし、学校内でいじめや校内暴力などの大きな問題が起きているときには、決められた勤務時間内に面接や打ち合わせを終えられないこともあります。