裁判官のやりがい

裁判官の独立と誇り

憲法76条3項は、「すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。」と定め、裁判官の独立を保障しています。

裁判官の独立が保障されていることにより、裁判官は良心に基づいて、法律等に照らし合わせながら判断することができます。

つまり、どこから何の圧力や干渉も受けずに、裁判だけで判断して判決を書くことができる、ということです。

どんなに社会的な耳目を集めた重大な事案であっても、これを判断する裁判官は、他の誰にも指図をされないのです。

判決を書くにあたっては、もちろん似たような事案の先例がないか、量刑や賠償額の相場に照らして不当でないか、といった配慮は必要ですが、基本的には自分の判断に基づき訴訟を進めることができます。

たとえば地方裁判所の裁判官の場合、下された判決に不服のある当事者は、控訴して高等裁判所で争うこともできます。

さらに最高裁判所へ上告して争う道も開かれていますので、当初の結論はひっくり返る可能性もありますが、自らが最終的に判断を下すことができる、という点に誇りとやりがいを感じる裁判官も多いようです。

困っている者を救済する最後の砦

たとえば民事裁判の場合、貸したお金を返してもらえない、仕入れた品物に欠陥がある、離婚に応じてもらえない、などなど、さまざまな悩みを抱えた人が、話し合いでも決着がつかずに困り果てて裁判所へ救いを求めてくる、というケースがほとんどです。

こういった人々や、その相手方の言い分を正面から受け止めて、証拠に照らして適切な判断をすることで、困っている人を助けたり、一定の結論を出して決着をつけることができるのが裁判官です。

困りごとを救済する、すべての国民に開かれた最後の砦——それが裁判所なのです。

裁判官の仕事の一番のやりがいは、そこにあるのではないでしょうか。