料理研究家になるには

料理研究家に資格はない

料理に携わる仕事のなかには飲食店でお客さんに食事を提供する「調理師」や、栄養バランスを考えた献立をつくる「栄養士」など、さまざまな職業があります。

このような「調理師」や「栄養士」は国家試験に合格しなければ就くことのできない職業であり、免許がない人がこの肩書きを名乗ることはできません。

これに対して「料理研究家」というのは、料理を独自に研究している人のことを指す名称であり、特定の学歴や資格を必要とするものではありません。

極端な言い方をすれば、名刺を作って名乗りさえすれば、いつでも誰でも料理研究家になることができるのです。

料理研究家のなかには、もともと調理師や栄養士だったという人もいれば、タレントや主婦だった人もいますし、調理師の専門学校を出てそのまま料理研究家として活動を始める人もいます。

調理の実力をつけるために

料理研究家を名乗ることは誰でもできますが、実際に料理研究家として仕事をしていくためには、実力が必要です。

調理の実力をつけるためにはどうすれば良いのでしょうか。

多くの人が選択するのは、調理師の専門学校に行くことや、飲食店で調理の仕事に携わって現場で勉強をすることです。

調理師の資格を取得することもできるので、長い目で見ると決して無駄にならない経験となるでしょう。

また、調理の実力にはすでに自信があるという人の場合、料理研究家のもとに弟子入りして勉強するという方法もあります。

アシスタントの募集はそれほど多くありませんが、粘り強く熱意を伝えて雇ってもらい、補佐業務をしながらスキルや人脈を身につけていくと良いでしょう。

調理師の仕事

独学で学ぶ道も

その他の道として、独学で勉強する方法もあります。

独学というと大変そうに思えるかもしれませんが、主婦歴が長い人は、朝食、お弁当、おやつ、夕食、夜食やおつまみ…と毎日朝から晩まで調理を続けていることも珍しくなく、相当数のレシピを身につけることができるものです。

料理研究家のなかには、もともとは専業主婦をしていて、子育てが落ち着いた頃に華々しくデビューするような人もいるのです。

この場合、料理教室を開いたら人気が出た、ブログでお弁当のレシピを公開していたらアクセスが殺到して本を出版することになった、などのきっかけで有名になることもあるようです。