料理研究家の仕事内容

料理研究家の仕事とは

料理研究家は、料理研究のスペシャリストです。

主な仕事は、魅力的な料理を作りだすことです。

さまざまな食材を組み合わせたり、調味料の配合を変えたり、火加減を調整したりしながら、新しいレシピを開発していきます。

それぞれ力を入れるテーマを設けていることが多く、「和食」や「時短料理」など身近なテーマからアプローチする人もいれば「ヘルシー料理」「アスリート向け料理」など専門的な研究している人もいます。

料理研究家の業務の内容

オリジナルレシピの開発

料理研究家がオリジナルのレシピを考案するときは、何日もキッチンにこもって試作をすることも珍しくありません。

調理をするたびに味見をしなければならないため、日中同じ料理を食べ続けることはこの仕事の大変なことだといえるでしょう。

また、良い調理方法を見つけるために調理科学の勉強をしたり、食材の生産者に直接取材をしたりすることもあります。

料理研究家の役割

レシピを多くの人に伝える

自分が作ったレシピを多くの人に伝えていくことは、料理研究家の大切な役割です。

テレビの料理番組に出演したり、新聞や雑誌の料理コーナーにレシピを掲載したり、料理本を出版したりして多くの人にレシピを知ってもらいます。

また、農家の人たちや食品メーカーの人たち向けに食材のアレンジの方法を教えにいくこともありますし、料理教室を開いて直接料理を教えることもあります。

近年ではホームページやSNSでレシピを公開したり、動画サイトで手順を紹介したりするなど多用な活躍を見せています。

食品メーカーや農家のために働く

料理研究家は、私たちの見えないところでも活躍しています。

たとえば、食品メーカーが新商品を作るときや、農家が売り出したい食材の新しいレシピを募集したりするときに、料理研究家に依頼をすることがあるのです。

この際、料理研究家は販売促進のためのアイディアを提供します。

食材に関する豊富な知識や料理のスキルを駆使して、これまでにない画期的な提案をします。

こうした依頼は民間の企業からにとどまらず、市町村が観光客向けに新たなグルメや特産品を作り出したいときにも声がかかることがあり、さまざまな形で社会に貢献しているといえるでしょう。

料理研究家の勤務先の種類

料理教室での先生

料理研究家は、さまざまな場所で活躍していますが、多くの人にとって身近なのは、料理教室でしょう。

公共施設や個人の料理スタジオ、また自宅のキッチンを開放して生徒を教えていることも多いです。

大半は女性を対象に家庭料理を教えていますが、近年は定年退職後の男性をターゲットにした料理初心者向けの料理教室も人気を集めています。

料理教室は自分の都合の良い日時に教えることができる上に、自宅で教室を開くこともでき、比較的簡単に開業できます。

家事や育児と仕事を両立している料理研究家にとって最も活躍しやすい場となっているといっても過言ではないでしょう。

メディアでの活躍

テレビの料理番組や新聞・雑誌の料理レシピコーナーで活躍する人もいます。

企画の段階からディレクターや編集者と一緒に打ち合わせをすることが多く、季節や予算を考えながらオリジナルのレシピを作り出します。

また、撮影時の段取りをしたり、盛り付けやテーブルコーディネートを考えたり、料理に関係する全般的な作業もこなさなければなりません。

このようなメディアに登場すると知名度があがり、料理教室の生徒が増えたり、オリジナルのレシピを掲載した料理本の出版につながったりすることも珍しくありません。。

近年では料理本以外にも、動画サイトで作り方を教えたり、ブログなどのHPでレシピを公開したりする人も増えています。

そのほか、テレビドラマや映画のなかで料理が出てくるシーンの監修をする料理研究家もいます。

無料オンラインセミナーのお知らせ
超初心者でもできる 人生100年時代に向けた賢いお金の持ち方・増やし方 オンライン開催 2022年10月27日木曜日 20時から21時まで 参加無料 ファイナンシャルプランナー 虫鹿恭正(むしか やすまさ) 主催:アクサ生命保険株式会社
セミナー内容
  • つみたてNISAとiDeCoの違い
  • 変額保険、投資信託のメリット・デメリット など

料理研究家の仕事の流れ

レシピを開発する際は、まず調理に使う大量の食材を買い出すことからスタートします。

料理研究家にとって食材はとても大切なものです。

良い食材を求めて何軒ものスーパーをはしごすることが多く、ときには市場や直売所まで買い付けにいくこともあります。

食材が揃ったら下ごしらえをし、準備が整ったら実際に調理に入ります。

最高のレシピを作るためには、同じメニューを何度も何度も作り直すことが大切です。

手順をメモにとったり動画で撮影して残したりしながら、最適な条件をさぐっていきます。

料理研究家と関連した職業

料理研究家と料理人の違い

料理を作るスペシャリストである料理人と、料理について研究するスペシャリストである料理研究家は、レシピを作り上げた後の仕事のプロセスに大きな違いがあります。

料理人の場合は、実際に料理を自分の手で作ってお客さんに食べてもらうことが目的です。

一方で、料理研究家の場合はレシピ自体を公開して多くの人に作り方を教えるというところに重点を置いています。

また料理人の場合は飲食店に勤務していたり自分の店を持っていたりするのが一般的ですが、料理研究家の場合は料理教室を開いていたり料理本を執筆していたりすることが多いという違いもあります。

料理研究家は、料理人のように特定のお客さまに食べてもらうのではなく、不特定多数の多くの人においしい料理の作り方や食べ方を伝えていくことが目的といえるでしょう。

厳密な違いはない

このように料理人と料理研究家の仕事内容には違いがありますが、料理研究家という肩書を名乗る上で厳密な定義があるわけではありません。

料理人として第一線で活躍しながらテレビ番組の料理コーナーで先生役を務めている人も多く、このような場合は料理人と料理研究家を兼任している状態ともいえます。

近年では、有名な料亭や高級レストランの料理人がメディアに登場してオリジナルのレシピを公開することが多く、絶大な支持を集めています。

料理人が料理研究家として活動することは、自分の飲食店の名を広めるためのチャンスになるため、積極的にメディアに出ている料理人も少なくありません。