料理研究家の需要、現状と将来性

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

料理研究家の現状

昔は料理研究家というと、地元で料理教室を開いているか、テレビや雑誌などのメディアでレシピを教えているかとった仕事が主流でしたが、近年では料理研究家の活動の幅が広がっています。

民間の食品メーカーとのコラボレーション企画でおいしい食品を売り出したり、市町村と協力して町の特産品やB級グルメを作りだしたりと、実にさまざまな形で活躍をしています。

また、料理をする男性が増えつつあるなか、男性の料理研究家も増えてきており、かつてと比べると性別や年齢、経歴なども幅広くなってきているのが現状です。

「料理研究家」という肩書や仕事の内容は、より多くの人に認知されるようになってきたといっても過言ではないでしょう。

料理研究家の需要

この世から食事がなくなることはなく、将来的にも料理研究家の需要がなくなることはないでしょう。

近年は、料理初心者でも手軽にできるレシピや、忙しい主婦やビジネスマン向けの時短レシピが人気を集めています。

また、海外で日本食に注目が集まる中、外国人でも楽しめる日本食や和食のレシピを考案する人も増えてきています。

さらにSNSや動画サイトでレシピを気軽に発信できる時代になったため、料理研究家を目指す人も増えてくるでしょう。

料理研究家の将来性

現代は、料理研究家にとって非常に厳しい状況になっているという一面があります。

近年は一般の人でもオリジナルの料理レシピを投稿して評価しあう料理サイトや料理アプリが流行し、そこで話題となった人気レシピを集めた料理本が出版されるほどの注目を集めています。

こうしたレシピを投稿しているのは大半が一般の人で、料理研究家に負けないようなおいしいレシピを考え出すことができる人が大勢いることが可視化されるようになりました。

これからの時代は料理研究家同士だけではなく、一般人とも競い合いながら、オリジナルのレシピを発信していかなければいけません。

厳しい競争にさらされることは間違いないので、この世界に飛び込むのにはそれなりの覚悟が必要です。

料理研究家の今後の活躍の場

料理研究家の情報発信の形は広がりつつあります。

かつてはレシピを知ってもらうには、テレビの料理番組や雑誌、新聞やラジオの料理コーナーなどの既存のメディアが一般的でした。

しかし近年は、インターネットを使ってホームページやブログを作りレシピを掲載したり、動画サイトで料理の作り方を発信したりすることが可能になりました。

SNSを利用して、実際にレシピを元に料理を作った人と交流する料理研究家もいるなど、今、料理研究家の仕事のスタイルは大きく変わってきています。

このようにインターネットを活用すれば、地方で田舎暮らしを楽しみながら世界中に自分のレシピを発信することもできます。

アイデアや発想力次第で、さまざまな働き方をすることができるので、料理研究家は新たな可能性に満ちた職業と考えることができるでしょう。