結婚、子育てしながら臨床工学技士として働ける?

女性の臨床工学技士は増加している

臨床工学技士数に占める女性の割合は近年、増加傾向にあり、全体の約3割を占めているといわれています。

現場ではまだまだ男性のほうが多いものの、女性技士の増加に伴い、各施設では結婚や出産後も仕事を続けられるように配慮しようという動きが広まっていきつつあるようです。

規模が大きめの病院では、職員が利用できる院内託児施設があったり、院外の託児施設に子どもを預ける場合に支援金が支給されたりするところもあるようです。

規模の小さな病院やクリニックの場合、このような制度の有無や内容は、施設によってだいぶ異なります。

院長の方針で手厚い制度が用意されていることもあれば、まったくないこともあるため、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

女性技士や他の女性医療スタッフが複数いる職場であれば、周囲に家庭や育児と仕事の両立について相談もしやすいため、より働きやすいと感じるかもしれません。

勤務が規則的な職場を選ぶ

臨床工学技士の仕事は決して楽なものではありませんが、勤務先や業務内容によっては結婚、出産後も仕事をうまく続けていくことは可能です。

臨床工学技士のおもな業務としては透析業務や手術室業務があります。手術室業務の場合、緊急の仕事が入ることがあるなど、どうしても勤務が不規則になりがちです。

一方で、透析業務は比較的勤務が規則的です。

そのため、女性に対し、出産前後は透析業務担当に変えるという配慮をしている病院もあるようです。また、夜勤のない透析クリニック等であれば子育てと仕事の両立は十分に可能です。

このほか、雇用形態が正社員ではなく、派遣やアルバイトで決められた時間だけ働くという方法もあります。

臨床工学技士としてのスキルをしっかりと身につけていれば、さまざまな働き方ができることもこの職業の魅力といえます。

臨床工学技士の需要は大きく、職場の選択肢はたくさんあります。自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことが、長く働き続けるうえでは大切です。