陸上選手の仕事内容

大会で好成績を収めるのが仕事の中心

陸上選手の仕事は、陸上大会に出場して好成績を収めることです。

日本の陸上選手の多くは、企業の陸上部に所属して国内外の大きな大会に出場しています。

陸上選手として、企業から競技生活をサポートしてもらう一方、大きな大会で活躍することで企業のPRを行います。

出場する大会までの日程に合わせて、追い込み練習をしたり、コンディションを整えたりして、最高のコンディションで大会に出場できるようにします。

トップ選手が出場する大会

「陸上競技」とひと口に言っても、大きく「トラック競技」「フィールド競技」「ロードレース競技」の3つに分かれます。現在、オリンピックでは、男子が24種目、女子が23種目行われています。

日本のトップ選手が出場する大会としては、オリンピックや世界選手権、アジア大会などの国際大会と、日本選手権や国体、日本グランプリシリーズ、マラソンや駅伝などの国内大会があります。

トップ選手は大半が契約選手

企業の陸上部に所属する選手には、社員選手と契約選手がいます。社員選手は会社の仕事をしますが、契約選手は会社の仕事をせず、陸上競技に専念します。

社員選手は、会社の仕事もして給料をもらっています。といっても、ほとんどの選手が、仕事は午前中だけで、午後から練習をしています。

トレーニングの強化期間や合宿中、さらに出場する大会が近づいてくると、会社の仕事は免除されるところが多いです。

日本のトップ選手で企業に所属する選手は、ほとんどがオフィスでは仕事をしない契約選手です。

陸上のプロ選手

プロ宣言をすると、国際陸上競技連盟(IAAF)の主催する大会に出場して、賞金を獲得します。獲得した賞金やスポンサーとの契約料が、自分の収入になります。

出場する大会も、トレーニング方法もすべて自由です。自分でスケジュールをたて、個人的にトレーニングを行う選手もいますし、コーチやトレーナーを雇う選手もいます。

ウサイン・ボルト選手は年収約20億円

プロ選手になると、イベントやテレビへの出演、インタビュー取材などで稼ぐこともできます。

そのため、芸能人のようにマネージメント会社に所属して、マスメディアやイベント会社との交渉を依頼している選手が多いです。

陸上界のスーパースターであるウサイン・ボルト選手のように、レースの賞金にスポンサー契約料などで年間約20億円も稼ぐ選手もいます。

しかし、日本では、プロ宣言をした陸上選手自体が少なく、過去の例では年収も数百万〜数千万円といわれています。