パイロットの体調管理

仕事は健康第一

パイロットにとって、何よりも大事だと言えるのは体調管理です。パイロット以外の人は飛行機を操縦できません。ですから、もしパイロットが突然空の上で倒れてしまったら、とても危険なことになります。

何かがあったときのためにも規定された旅客機では常に機長と副操縦士の二人体制を敷いています。食事のトラブルを防ぐため、機長と副操縦士は別々の時間に別々のものを食べるという決まりもあります。

それでも万が一が起きないよう、パイロットは日ごろから自分の体調に気をつける必要があります。

健康管理の仕方

基本的なことですが、まずは栄養バランスに気をつけた食事と、良質な睡眠をとることが大切です。パイロットはフライトで世界各国に行く機会が多く、時差により不規則な生活になりがちなため、普段から意識して生活リズムを整えることが必要になります。

仕事ではあまり身体を動かすわけではないので、オフの時間にジムに通う人もいるようです。

休日の過ごし方

健康維持のために、休日は一般の会社員などよりも少し多めの月10日程度用意されています。勤務日でもすべてフライトが入るわけではなく、欠勤者が出ることに備えた「スタンバイ」の日も加わるため、十分に身体を休める時間をとることができます。

休日はしっかりリフレッシュすることも大事ですが、羽目を外し過ぎて仕事に影響が出ることは避けなければなりません。

国内の航空会社では乗務前12時間を過ぎたら飲酒が禁止されていますが、勤務に差し障りのないよう、丸1日前から飲まないようにしている人も多いそうです。健康な身体は安全運航のためですので、強い責任感を持って自分を律することも大切です。