パラリーガルへの転職・中途採用・未経験採用

パラリーガルへの転職

パラリーガルは、高度な法律知識に基づいた弁護士アシスタントという専門職です。

経験を積むことによって専門性が高まり、転職市場でも経験あるパラリーガルへのニーズは高く、長く働くことができるとして魅力ある職種です。

また、パラリーガルになるために特別な資格や教育課程を受ける必要がないことから、幅広い層からチャレンジできる仕事です。

そのため、一般企業などで事務職として働いた後に、まったく違う分野からパラリーガルへ転職するというケースは多くみられます。

一方で、中途採用の場合は、他の職種と同様に、やはり即戦力が求められます。

「パラリーガル」という職種での採用の場合は、やはり裁判所への提出資料の作成補助などの法律事務をメインとした業務を行うため、法律事務所経験者や法律資格をもった人が対象とされます。

パラリーガルの未経験採用

経験者が優遇されるパラリーガルの世界ですが、未経験であってもチャレンジすることはできます。

未経験者からパラリーガルを目指す場合には、「弁護士秘書」または「ゼネラリスト・パラリーガル」から実務経験を積みながら法律事務を学び、仕事の幅を広げながら「パラリーガル」または「スペシャリスト・パラリーガル」を目指すことが現実的でしょう。

また、はじめから正職員は難しいという場合は、アルバイト(パート)や派遣社員制度などを活用して、まずは始めてみることも選択肢のひとつです。

法律事務所という職場、また法律事務職が自分に合っているのかなどを実際に経験してみることでより明確なキャリアプランが描けるでしょう。

面接でしっかり確認することが重要

パラリーガルの仕事内容や待遇は、勤務する事務所によって大きく異なります。

入ってからこんなはずではなかったということがないために、面接時など事前に疑問点は確認しておくことが必要です。

たとえば、事務所によっては、法律事務はすべて弁護士が行って、弁護士秘書にはとくに法律事務は任せないなどそれぞれ方針が異なるため、自分の目指すパラリーガル像と事務所の方針が合致しているのかなどを、面接で確認しておくことは重要でしょう。

また、自分が携わりたい分野、企業法務なのか民事事件なのかなどをより明確にし、転職先で扱う分野なのかどうかも確認しましょう。