パン職人のやりがい

お店のファンが増える

今や世界に誇れるレベルとなった日本の製パン技術。

みんなに愛されるパンを作るパン職人(ブーランジェ)は、子どもたちの憧れの職業でもあります。

また、小さいころからの夢だったと語る人も多いのがパン職人です。

街のベーカリー、ホテルやレストラン、大手メーカーなど働く現場はさまざまですが、お客さまのニーズに応えながら毎日の食を支えていくパン職人はやりがいたっぷりの仕事といえるでしょう。

焼きたてパンや好きなパンを求めてファンが所狭しと押し寄せる店もあります。

自分がつくったパンをおいしいと言ってもらい、お店のファンが増えることは何より嬉しいものです。

食を支える一生ものの仕事

シンプルな食材でありながら、手を掛ければ掛けるだけ大きく応えてくれるのがパンづくりの仕事です。

先輩の仕事を目で見て肌で感じ、技術を高めながら自分自身の体で工程や感覚をしっかりと覚えていきます。

一人前になるまでは大変ですが、培う技術やセンスは年齢を問わない一生ものとなります。

メニューを考え、材料や素材を選び、自分の魅力や新しい味を探しながら修業を積み重ねていき、上達するに従ってどんどんオリジナリティを出せるようになります。

とにかく時間に追われ一日中忙しいものの、パンという生き物に触れながら常にチャレンジし続ける仕事です。

日々経験を積み重ねて、一歩ずつ一人前になっていくのがパン職人の世界です。

お客さまからの声

食パン、フランスパン、デニッシュ、近年ではマフィンやベーグルなど、食事パンからスイーツにもなる菓子パンまで実にさまざまな種類があります。

シンプルな材料を自分の手で美しいパンに仕上げていく作業は、ものづくりと同様に永遠の学びや修業でもあり、職人としての喜びでもあります。

焼きたてのパンを人々に届けることや、美しい姿に作り上げてあらゆる年代の人においしく食べてもらうことは、パン職人の醍醐味といえるでしょう。

おいしいものを提供することで、お客さまの笑顔や喜びをダイレクトに感じることができるのも大きな魅力です。

レストランやカフェなどイートインが併設されたお店で働く場合には、食べるお客さんの反応を見られるのも大きな糧となります。

おいしいという声を聞いたときには、それまでの努力が報われた気持ちになるはずです。

パンを選ぶお客さんの嬉しそうに輝く顔を励みに、おいしいパンを作りつづけたい、もっとおいしいものを提供し続けたいという気持ちがあれば、努力が将来大きく花開く職業でしょう。

仕事体験談