日本語教師の仕事内容

日本語教師とは

日本語教師は、日本語を母語としない人(主に外国人)に外国語として「日本語」を教える語学の教師です。「国語」を教える教師ではありません。日本語教師は、国内外で外国人に日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えます。

日本人は日本語を意識せずに使いますが、外国人に日本語を教えるためには文法などの専門的な知識や指導の技術が必要となります。外国人には理解しにくいところを察知し、わかりやすく教えることが必要となってきます。

また、日本の文化や生活習慣、歴史、日本人のマナーなども伝える役割があります。

日本語を学ぶ人たち

日本語を学ぶ学習者の国籍、言語、文化はさまざまです。ビジネスマンや主婦、日本の文化に興味を持っている人、日本の大学に進学したい人など、日本語を学ぶ動機や目的、目標など、学習者の背景はそれぞれ違います。

そういう外国人に対して、日本語教育をどう進めていくのか、日本語教師は授業に入るための準備を事前に行い、教壇に立つのです。

コースデザインを考える

日本語を教える前に、まず、学習者の学習歴や目的など、学習者についての情報を集めて分析します。それをもとにして、学習目標やテキストを選び、教育計画を立てます。このようなコース全体の計画を立てることをコースデザインといいます。

コースデザインが決まったら、カリキュラムを作成し、授業毎に事前準備を行います。教材は、教師がオリジナルのものを考えて作ることもあります。

日本語教師の活躍の場

働く場は世界中にあります。日本国内であれば、留学生を対象として大学や民間の語学学校で教えたり、ビジネスマンやその家族を対象にした日本語教室などで授業を受け持つこともあります。

海外では、小・中・高校や大学の日本語学科、民間の語学学校などがありますし、個人で教えている人もいます。また、途上国などにおける青年海外協力隊においても、日本語教師が活躍しています。

仕事内容は、学習者のニーズにより、多様です。ビジネスマン相手の日本語コースには、ビジネスに必要な日本語の指導を、大学で働く場合は、論文指導をすることもあります。

子どもたちに教える時は、折り紙や日本の歌を紹介するなど、日本語教師の仕事は、学習者によって柔軟に対応していくことが求められます。

仕事体験談