日本語教師に向いている人、適性

人に教えることが好き

日本語教師は「教える」という仕事ですので、基本的に教えることが好きな人に教師の適性があるといえます。

学習者は、環境や文化、習慣の違う外国人です。日本人であれば無意識に使い分けていた言葉も外国人にとっては疑問に思うことがあります。そこで、学習者に具体的に説明するスキルや能力が必要になります。

日本語に関する知識や教授方法、さらに、どういう教材が学習者の興味を引くのか研究することも含め、人に教えることが好きな人にこの仕事は向いているでしょう。

異文化・日本文化に興味がある

さまざまな文化背景を持つ学習者に対応するには、歴史や経済、国際情勢など、日ごろから関心を持っていることが大事です。学習者との関わりには、異文化を受け入れ、根気強く向き合う必要があります。

そのため、一般的に、包容力や忍耐力のある人は、日本語教師に向いているといわれています。

また、日本語教師は、ただ日本語の文法を教えるだけではなく、日本の文化や歴史、習慣などを伝える役割も担っています。最近はアニメや歌から日本語に興味を持つ学習者が増えています。幅広く情報をつかむ努力をすることが必要です。

外国語に関心がある

必須ではありませんが、外国語に関心のある人や外国語の学習経験がある人は仕事の上で大いに役立ちます。学習者の大変さやどういうところが難しいのかが分かり、言葉に敏感であることで、学習者への理解につながります。

また、学習者の多くは、アジア圏の人たちです。その人たちとのコミュニケーションに英語を使うなど、日本語以外の外国語を介することで通じ合うことがあります。

日本語教師は日本語をかたくなに話すだけではなく、外国語に関心を持って学習者とのコミュニケーションを図ることが大事です。

臨機応変さ、適応力

日本語教師は海外で活躍するチャンスもあります。海外勤務地で生活するためには、その国の食べ物を食べ、現地の言葉を覚え、現地の習慣に沿った生活を送る必要がでてきます。

異文化の中では、ささいな摩擦はつきものです。同じ日本人でも個々の性格や資質により、対処方法は違います。特に、海外で働く場合には、適応力や臨機応変さが重要です。海外勤務地によっては、紙や筆記用具がそろってない、コピー機がない、パソコンがないことがあります。

そんな時、身の周りにあるものを使って授業をするなどの創意工夫が求められます。

仕事体験談