日本語を教えることの難しさ

日本人なら日本語を教えられる?

「日本人なら日本語ぐらい教えられる」とよく耳にします。実際、特に海外の途上国の日本語学校では、ネイティブの日本人を雇うのが難しく、ただ日本人という理由で採用が決まることがあります。

たしかに、日本で生まれ育って、日本の文化や環境、習慣、日本人としての物の見方や振る舞いなど、外国人がそう簡単に習得できるものではないのかもしれません。

しかし、日本語を話せるからといって、日本人なら誰でも日本語を「教える」仕事ができるというわけではありません。

逆に、外国人で日本語がネイティブ並みに上手な人が、日本語について「教えるノウハウ」を知っていれば、日本語を教えることができるのです。

教えるには技術が必要

普段、日本で暮らしていて、日本語を教えた経験が全くない人が、どのように助動詞の活用や五段動詞の 「て」形、他動詞と自動詞の区別などを説明すべきか、知識や教え方が分からないと大変難しいものです。

それでは、日本語の簡単な会話を教えることは可能でしょうか。その人の生活経験や力量にもよりますが、ただ、授業で漠然と学生としゃべっているだけでは、教育効果は上がりません。やはり、日本語を教えるには、教えるための知識や技術が必要なのです。

日本語を教えるのは難しい

日本語教師にはいろいろな人がいます。国内では、比較的、日本語教師として採用される基準は整っていますが、それでも、日本語教育のバックグランドは千差万別です。

ある日本語教師は、大学院で日本語教育を修士レベルで修了し、ある日本語教師は日本語教育の経験はまったくないが、日本語教師養成講座420時間を修了している、或いは、日本語検定は独学で合格したが、特別な日本語教育を受けていない人など、スキルに差があります。

そして、日本語教師の年齢や社会経験にも大きなばらつきがあります。昨日まで会社で事務をしていた人が、次の日には日本語を教えるため教壇に立ったとします。

もし、この人が日本語教育を過去に学習し、教育実習など踏まえて、学習者の前に立つのであれば、どういうふうに教えるかを分かっていて、初めてで緊張はしても、「教える」ことはできるでしょう。

しかし、全く未経験で日本語教育の学習をしたことがないというのであれば、学習者への対応が難しいのは明白です。

学習者の日本語レベルにもよりますが、初級の学習者に日本語を日本語で教える直接法をとる場合、日本語での話し方、説明の仕方、教材の用い方に、限られた授業時間の中で教えなくてはいけないという条件も加わるため、未経験の人にとってはかなり難しいものになります。

日本語教師は単に日本語を「話せる」だけでなく、「教えるノウハウ」を学ばなければ務まらない仕事なのです。

仕事体験談