ネットワークエンジニアのつらいこと、大変なこと、苦労

ITは急速に変わり続けていく

ITの世界は日進月歩であり、せっかく覚えたと思った技術も、数年先にはほとんど使えなくなっているということも珍しくはありません。

とにかく、過去に捉われているようでは生き残ることができない世界であり、その時々に求められる最先端の技術を身につけ、仕事に生かしていかなくてはならないのです。

他の職業であれば、学校などで一度専門知識を身につければ、ほとんどその内容を基にして活躍し続けられるというものもあります。

しかし、ネットワークエンジニアの場合、仕事に就いてからも知的探求心を忘れずに新しいことを吸収し続けていかなくてはならず、その点はこの仕事の大変なところだといえるでしょう。

突然のトラブル対処や、深夜に働くことも

未経験や経験の浅いネットワークエンジニアの場合、いきなり設計や提案の仕事を任されることはほとんどなく、システムの監視や保守作業からスタートすることが一般的です。

もし、構築したネットワークに予期せぬトラブルが発生すれば、迅速に対処をしなくてはなりません。

また、保守は深夜に作業を行うことも多いため、どうしても夜勤が避けられず不規則な生活となってしまうこともあります。

会社によっては残業も多い

ネットワークエンジニアに限らず、IT業界で働くエンジニアは多忙になりがちで、人によってはかなり長時間の労働をしていることもあります。

場合によっては残業続きから心身の調子を崩してしまい、やむを得ず仕事を辞めてしまうということもあるようです。

ただし、すべてのエンジニアがそれほど忙しく働いているわけではありません。

最近では社員に安心して長く働いてもらいたいという思いから、長時間の残業を禁止していたり、フレックスタイム制を導入したりして、積極的に社内の労働環境を整備しているIT企業も増えています。

現状では、会社によってだいぶ働きやすさが異なるといえるでしょう。